どうも。
社会人になる前の最後のポケモンということで、大体育成と対戦のどちらかをしてました。
ついに人生初となるレート2100を達成できたので構築を紹介しようと思います。



SMトレカS2
構築名:リンダリンダ
TVアニメ「ローリングガールズ」のベストアルバム「ロリガ・ロック・ベスト!」にTHE BLUE HEARTSの名曲「リンダリンダ」などのカバーが収録されています。
小澤亜李ちゃん、日高里菜ちゃん、種田梨沙さん、花守ゆみりちゃんが歌っています。
みなさん絶対に買いましょう。


SMS2R2112
最高・最終レートは2112。
2100チャレンジは2095,2092,2099と3回目で達成できました。
3年間の悲願だったので本当に嬉しいです。

 

目次

1. パーティ
2. 構築経緯
3. 個別解説
4. 選出と立ち回り
5. 構築名について、あとがき

パーティ

SMS2パーティ
QRレンタルチームのページ


構築経緯

カプ・テテフを通すパーティを組みたいと思い、最も単体性能の上がるエスパーZテテフから構築をスタート。
テテフでバシャに勝てるように、雨で炎技の火力を削げるペリッパーを採用。
せっかく雨を降らせるならエースも欲しいので、オニシズクモを入れてみました。
追い風役をペリッパー。トリル始動役として、ミミッキュとクレセリアで悩んだのですが、耐久値の高さで誤魔化せそうなクレセリアを採用。
そこに補完として数値の高いガルガブを並べました。
SメガガルーラsガブリアスSクレセリア279752786
Showdownで試運転してみたところ、案の定、ナットレイであっさり詰みました。
数十戦の労力と時間を無駄にしたところで、ようやく「この並びで水2枚は無理がある」ということに気づきます。

SメガガルーラsガブリアスsバシャーモSクレセリア279786
そこで、炎タイプで最も抜き性能がありそうなバシャーモを採用。
ここらへんから構築のコンセプトがただのトリルパになりました。
ペリッパーがいつの間にか襷から眼鏡になります。

Showdownで再び試運転したところ、この鳥もっとスペック高い眼鏡アタッカーに変えた方が良くね?と思い、
SメガガルーラsガブリアスsバシャーモSクレセリア730786
こうなりました。
 
バシャの型を色々試行錯誤したのですが、鋼+水のサイクルが重すぎて大体ボコボコにされたので、その並びを起点にできるウルガモスに変更。
SメガガルーラsガブリアスsウルガモスSクレセリア730786
これで完成です。ペリッパーとは。
バシャを使っていた時は1750~1820あたりをウロウロしていたのですが、ウルガに変えてから勝率7割をキープしたまま2100まで伸ばせたので、かなり完成度を高められたと思っています。

個別解説

ガルーラ
kangaskhan-mega
特性:きもったま→おやこあい
持ち物:ガルーラナイト
性格:いじっぱり
☆実数値(メガ前→メガ後)
197(132)-161(252)-100-x-101(4)-135(116)
197-194-120-x-121-135
ねこだまし すてみタックル じしん れいとうパンチ
☆調整
最速キノガッサ抜き
A特化
D>B (努力値4余り)
サンムーンでもメガシンカ最強は譲らない。
猫騙しによるストッパー性能、捨て身による強引な削り、地震冷Pの攻撃範囲と、このポケモンに代わる枠はいないと断言できる強さでした。
炎Pが欲しい場面がかなり多かったのですが、他に抜く技がないのでこれでいいと思います。

基本的には、先発での荒らし役として雑に動かし、最後にクッションとして切るか三日月で復活させるかで無駄なく動かすことを意識します。
キツイ構築にeasy winを狙える冷Pは神。


ガブリアス
garchomp
特性:さめはだ
持ち物:ロゼルのみ
性格:ようき
☆実数値
183-182(252)-116(4)-x-105-169(252)
げきりん じしん いわなだれ どくどく
自慢のミミッキュ対策。
構築コンセプトのトリル展開は、エースで少ないターンで抜きにかかる以上、ミミッキュが非常に辛いです。
そのため、この系統の構築で「ミミッキュを崩しの起点にする」ことを考えました。
条件として、①ミミッキュが居座ってくれて、②対面で処理できる確率が高く、③引かれた際にもある程度アドを取りに行ける、の3点が挙げられます。
そこで思いついたのがこのガブリアス。

ミミッキュは採用する際、最も意識するのはガブと言っても過言ではないでしょう。
経験上も、ほぼ居座ってきます。(①)
次に、対面での処理について。このガブはZじゃれ+影も割といい乱数(165~195ダメ)で耐えます。
無振りミミッキュは地震+鮫肌2回で確定で落とせるので、Zが無ければ相打ちには持っていけますね。
しかし、Zワザだと鮫肌が入らないので、Zを考慮すると鮫肌は1回しか入れられず、地震で43.8%の乱数となってしまいます。
そこで、雪崩で確率的な優位を取りに行くことを考えました。
まず、怯めば最低でも相打ち+相手のZ消費。最高の場合(じゃれ外し)、無償突破できます。
怯まなくても相打ちには持っていける確率が高いですね。
したがって、対面で処理できる確率も十分だと言えます。(②)
最後に、皮を剥いだ後、あるいはすぐに引かれた場合。
剣舞型だと、カバやクレセなどの数値受けを突破はできても、HPが削れたり最悪相打ちになってしまいます。
そこで、浮いてる鋼以外には幅広くアドを取りに行ける毒を採用しました。
ガブで毒を入れてクレセ等にバックすることで、数値受けの疲弊が狙えます。(③)


長々とミミッキュピンポで語ってきましたが、もちろんテテフやアシレーヌに対しても行動保証がかかるので、現環境ではかなり選出しやすいです。
特にミミッキュ+数値受けの多かった上位ではバンバン出してました。
ロゼルが機能しないパーティ相手でも普通に電気無効枠として出せますし、かなりの汎用性だと思います。


ウルガモス
volcarona
特性:ほのおのからだ
持ち物:きあいのタスキ
性格:おくびょう
☆実数値
165(36)-x-89(28)-182(212)-126(4)-163(228)
ほのおのまい ギガドレイン めざめるパワー(氷) ちょうのまい
☆調整
A182(252)マンムーの地震+礫を確定耐え
最速ミミッキュ抜き
自慢のミミッキュ対策②。
結構舐められてミミッキュがポンポン出てきてかつ居座りますが、確率も絡めれば「ガン有利」です。
まず、対面で勝てないのがZシャドクロのみ。
それ以外にはシャドクロを2回打たせられるので、炎の体チャンスが2回あります。
また、炎の舞で皮を剥ぐことで5割のCアップも狙えます。
炎の体2回、炎の舞1回の内、1回でも火傷かCアップを引けばギガドレで回復もでき、場合によっては蝶舞も可能です。
化けの皮とかいう親子愛以上のインチキ特性を突破するにはこのガン有利な確率ゲーを仕掛けるのが一番だと思いました。

襷はガブランドやマンダに突っ張れる神アイテム。
クレセで復活させればステロ撒かれても4にません。

鋼+水や、マンダ絡みのサイクルを崩す役割もあるので、選出率は高いです。


クレセリア
cresselia

特性:ふゆう
持ち物:ゴツゴツメット
性格:ずぶとい
☆実数値
227(252)-x-189(252)-95-151(4)-105
サイコキネシス トリックルーム つきのひかり みかづきのまい
初めて「クレセが強い構築」を組めました。
ほぼ毎回出して、ほぼ毎回活躍します。
このパーティの動きの柱となっているので、相手が受けルだろうがオタクサイクルだろうがバンバン出します。

物理だけでなく、特殊方面にも受け出しができるので、「トリルを展開する、三日月で回復させる」という役割のみ与えれば、相手に崩されることなく動かせることに気づきました。 
エースがミリ残し状態でステロを撒かれてもクレセで復活させられるのが本当に偉い。

例えば、カグヤやナット、ドランなどの「クレセが何もできない」ポケモンたちに対しても、別段何か負荷をかける必要は全くないわけです。
さっさとそいつらの処理役(ウルガやアシレ)にバックして崩していけばいいわけで、クレセはトリル三日月以外で場に居座る回数を減らせばどんな構築にも一定の活躍はできます。


アシレーヌ
primarina
特性:げきりゅう
持ち物:こだわりメガネ
性格:ひかえめ
☆実数値
187(252)-x-95(4)-195(252)-136-80
うたかたのアリア ハイドロポンプ ムーンフォース ハイドロカノン
このパーティの最強エース。
高いD耐久と超火力で相手の場を荒らし、最後にトリル三日月で全抜きします。
水+妖の範囲はかなりの構築に刺さりが良く、縦横無尽の大活躍でした。
眼鏡ムンフォでミミッキュを一撃で飛ばせるのも強い。
電気タイプに居座って激流アリアでふっ飛ばすのも強い。
ナットレイだろうと複数回の受け出しは許さないのも強い。

ラス1対面限定ですが、海神のシンフォニア(195)を遥かに超える眼鏡カノン(225)を放てます。
あんまり使わないのでめざ炎でもいいかもしれません。

2100を賭けた試合でピクシーに急所当てたからこいつはマジで神。


カプ・テテフ
tapulele
特性:サイコメイカー
持ち物:エスパーZ
性格:ひかえめ
☆実数値
159(108)-x-106(84)-187(156)-136(4)-135(156)
サイコキネシス きあいだま めいそう みがわり
☆調整
H155-D90バシャーモをZサイキネで守る貫通確定1発
A197(252)メガルカリオのA2↑地震を高乱数耐え(75%)
A177(252)メガガルーラの捨て身を高乱数耐え(94.9%)
最速キノガッサ抜き
構築段階では最強エースの予定だった補完枠。
アシレで崩せない構築を強引に崩しに行きます。
例えば、ガルドを択次第で突破して、トリル三日月で通したり、ナットやドランを気合玉で飛ばして通したり、かなり厳しい立ち回りをすることが多いです。
そのためテテフ選出時の勝率はちょっと低め。
元々無理な相手をこじ開けていく枠なので仕方ないですね。

ガッサはスカーフテテフも考慮すると封じは絶対に押せないので、対面から身代わりで処理します。
タネガンのヒット回数次第で負けるの最高にクソ。
身代わりはトリル時の守る読みなどに有用で、瞑想は受け回しの崩しに必須です。

Zサイキネで一発で吹き飛ばしたときの快感は病みつき。
しかし、Z気合玉の方が無理なサイクルをこじ開ける際には有用だったかもしれません。
Zサイキネはマンダやガルを一撃で飛ばせるのに対し、Z気合玉は崩し性能が高いです。


選出と立ち回り

選出は単純。
(Sメガガルーラ,sガブリアス,sウルガモス)+Sクレセリア+(730,786)
たまにガルクレセガモスのような出し方もしますが、基本の形はこれです。
クレセリアの選出率は大真面目に90%以上。

立ち回りとしては、前3匹いずれかで暴れまわって数的有利・状況有利を取る。
消耗したらクレセに下げ、トリル。
先発のポケモンを切って3匹目を展開。
3匹目が消耗したり、トリルターンが切れたらクレセバックしてトリル三日月で終わりです。

選出の仕方は、まずアシレーヌとテテフの通ってる方を選びます。
次に、クレセを選びます。
最後に、それで崩せないポケモンを崩しの起点にできるポケモンをガルガブウルガから先発を選びます。
試合展開を選出画面からある程度想定する必要があるため、難しいですが単純です。
もちろん、相手によってはアシレーヌやテテフから出しますが、大体上記の通りです。
リザ、ミミッキュ、コケコ、ゲッコあたりに出し負けるとリカバリーがきかないため、そこらへんには注意して選出する必要があります。

選出率はクレセ>>>ウルガ>アシレーヌ>ガル>ガブ>テテフ。
クレセ以外はそんなに変わりません。

選出例
①対面系(SメガガルーラsガブリアスsバシャーモSボルトロスsメガゲンガーSスイクンetc)
SメガガルーラSクレセリア(786,730)
6世代でよく見たメンツ+ミミッキュなどの、崩すことに特化したようなパーティはガルーラで荒らしつつ、トリルで締める基本の動きを意識します。
テテフは瞑想による数値受けの崩しができる、アシレはタイプが優秀というメリットがあるのでどちらが通しやすいかの見極めが重要です。

②対面(積み)+サイクル(SメガガルーラSクレセリア778,006sカバルドンetc)
sガブリアスSクレセリア730
S2の上位にかなり多くいた、単体性能の高いポケモンをクレセやカバなどでサポートする形は、先発に対して大体ガブが有利を取れます(ミミッキュ、リザなど)。
有利でなくとも、テテフの型判別ができたりと、情報アドが取れる場面が多いので、相手を削りながら数値受けに対して毒を入れ、アシレーヌでごり押しましょう。
この手のパーティに高い勝率を出せたのが結果を残せた理由だと考えています。
実際、2000を超えてからはこの選出が最も多かったです。

③オタクサイクル(748sナットレイetc)
SメガガルーラSクレセリア786
オタクサイクルといっても、ドヒドイデやドランがいなければウルガで崩せるのですが、最も辛かったのがドヒナット+ゲッコの形。
ガルクレセテテフ選出が強制される上、気合玉を交代読みで2連続くらいで当てないと勝ち目がないというキツさでした。
こういう構築が増えるならテテフはカクトウZに変更するべきです。
あまり多くはなかったのと、当たってもガブやウルガでこじ開けられるパーティがそこそこあったことから、あまり重く見ていませんでした。
ラッキー入りの受けループはテテフの瞑想で崩します。
ドヒドイデがいない場合、テテフでラッキー崩してウルガで詰めるのが一番楽。

⑤バトン(Sイーブイ196)
SメガガルーラSクレセリア730
キツイ。バトン成功したら負けです。
対処法は一つ。
ガルで起点作成役を削る
→クレセバック、トリル
→即アシレーヌバックしてムンフォ連打
壁や置き土産は許容して、とにかくイーブイをバトン前に沈めることに集中しましょう。
エーフィに身代わりが無ければトリル三日月→猫捨て身ムンフォで潰しに行けますが、それをやったら身代わり残飯型にボコボコにされたのでやめた方がいいです。

構築名について、あとがき

構築名となっている「リンダリンダ」はみなさんご存知THE BLUE HEARTSの超名曲ですね。
そんな名曲を豪華声優陣がカバーした曲が収録されているのが「ロリガ・ロック・ベスト!」です。
これはもう買うしかない。
他には「人にやさしく」、「月の爆撃機」などもあります。
・アシレーヌの「うたかたのアア」
・ガルーラの「じし
・ガブリアスの「いわなれ」
・クレセリアの「トックルーム」
・ウルガモスの「ギガドレイ
・カプ・テテフの「きあいま」
リンダリンダ
ネーミングセンスがレート2200超えだ……


XYシーズン3で初めてのレート2000を達成して以来、2100を目標としてきましたが、6世代は3年間で2100チャレンジがわずか一度のみという結果でした。
内2年間は公務員試験の勉強と就活があってあまり本腰を入れて取り組めないもどかしさもあり、悔しい思いばかりしてきましたが、社会人になる前最後のシーズンでようやく目標を達成できたので本当に嬉しいです。

今のようにひたすらポケモンのことだけ考える生活は今後40年もうありませんが、これからもポケモンは続けていきますので、これからもよろしくお願いします。

それでは。


ロリガ・ロック・ベスト!~Songs of the mob,by the mob,for the mob~/The Rolling Girlsロリガ・ロック・ベスト!~Songs of the mob,by the mob,for the mob~/The Rolling Girls
THE ROLLING GIRLS

ポニーキャニオン
売り上げランキング : 96

Amazonで詳しく見る