おはようございます。

やなぎなぎさんのメジャーデビュー5周年を記念して開催された「Cassiopeia Limited Express」に行ってきました!!
5周年ということで、なぎさんとしてもファンとしても、思い入れの深いライブになったのではないかと思います。

cassiopeia_logo
ライブタイトルも原点である星から来ています。


 
【前回】
ライブ「color palette~2016 Green~」 行きました

DSC_0347
会場の品川ステラボールですが、品川プリンスホテルの敷地内にあるライブ会場です。
クラブeXも品プリだし映画館もあったし品プリは街なのか?
クラブeXが中央にステージのある静かなライブに向いた会場なのに対し、ステラボールは一般的なライブ会場という感じでした。
1階席と2階席に分かれていて、前方にステージがあります。

PFC物販が16時からだったので15時半ころ会場に到着。
クラブeXに何度か来ていたこともあり、すんなりとたどり着けました。
グッズを購入後、近くの喫茶店でポケモンしながら時間を潰していました。
ネット対戦中に電池が切れるという悲劇もありましたが、コーヒーはおいしかったです。
グッズレビューは後日投稿します。
[2017.3.10追記]
グッズレビューですが、投稿しないこととします。
一つは投稿時期が遅れすぎた自分の怠慢。
もう一つはECサイトでの通信販売がない以上、今後のグッズ入手手段がなく、紹介する意味がないことです。
今後はサボり癖がつかないよう気を付けます。


僕の座席はH列の真ん中あたりだったので、会場の真ん中やや後ろといったところでしょうか。
見やすかったです。
あと、先日買った眼鏡をかけていったのですが、世界が違いました。
視力悪い人はマジで眼鏡かコンタクトした方がいいです。
本当に世界が違います。


セットリスト
1. Sweet Track
2. ユキトキ
3. クロスロード
4. テトラゴン
(MC)
5. 忘れない為に
6. Rainy veil
7. Ambivalentidea
8. 瞑目の彼方
9. Burn Out the ENERGY
10. ラテラリティ
11. ファラウェイ・ハイウェイ
12. Zoetrope
(MC)
13. Killer Song
14. 終わりの世界から
15. トコハナ
(MC)
16. foe
17. カザキリ
18. ストレンジアトラクター
19. アクアテラリウム
20. 三つ葉の結びめ
(MC)
21. ターミナル
22. CorLeonis
23. ビードロ模様
(アンコール)
24. 春擬き
(告知)
25. You can count on me
26. 深遠
※今回はとても長いライブだったため、MCの位置に誤りや抜けがあるかもしれません。
今回のステージは星座を意識してかバックに星のようにライトが数多く散りばめられ、ステージにも上から球状の小さな電球が吊るされていました。

ライブの感想についてですが、今までで一番曲数の多いライブだったこともあり、全部の曲について書いてると論文になっちゃうので、特に印象に残った曲をピックアップして感想を書きたいと思います。

☆ユキトキ
ライブではすっかり聴きなれた曲ではありますが、改めて聴くと今までのライブが思い出されますね。
2013年の「little snow&sunny spot」で初めて聴いた時はめちゃくちゃテンション上がったのを覚えています。
あれもう4年前か……
なぎさん初めてのアニメOPということもあって、晴れやかで疾走感のある曲調が印象的でした。
今でも晴れやかな曲と言えばこれか「春擬き」か、というくらいになぎさんの曲の中でも特別な位置にあると思います。

☆クロスロード
つい先日ようやく「君の名は。」を見てきたのですが、それを踏まえて聴くとやはりあの作品に近しいコンセプトを感じますね。
新海誠監督としても多少意識して制作したそうですが、あの超有名作品と同じ根を持つ曲をなぎさんが歌っているのはすごいことだと思います。
出だしから3曲晴れやかな曲が続いているのもあり、観客もかなり盛り上がっていました。

☆忘れない為に
個人的に一番と言っていいくらい好きな曲なので、このライブで聴くことができて本当に良かったです。
冒頭4曲から一転して静かな曲になり、座って聴いていたのですが、やはりこの曲はいい。
ゆったりとした曲調でなぎさんの声を聴きつつも、サビではどこまでも音が広がっていくような壮大さがあり、つい目を閉じてしまうほどに引き込まれます。

なんか語りたいことずらーっと全部書いたら15行くらいあったので全部消しました。笑

☆Ambivalentidea
平野さんのキーボードとてもいい音であった。。。
吉田さんのバイオリンも素晴らしかったです。。。
自宅でゆったり聴くのにとてもおすすめの曲ですが、ライブで聴くとなぎさんが語り掛けているようで、これを聴かずして「Ambivalentidea」は楽しめない!って感じです。
そこそこの頻度で歌ってくれるので、まだ生で聴いていない方はこれから毎回通いましょう。

☆ラテラリティ
自分が初めてライブで聴いた曲というのもあり、聴いただけで涙が出そうになりました。
今までライブなんて全く興味のなかった自分が、人生で初めて生で聴いた曲だったので、5周年という節目のライブで改めて聴くと当時の思い出が蘇ります。
タワーレコード新宿店で両サイドをお団子にしたなぎさんが歌っていて、「これがやなぎなぎかー…!!」って思ったのを今でも覚えています。笑

音楽ってそのまま曲を楽しむこともできるけど、昔よく聴いてた曲を聴きなおすと当時の思い出が蘇ってくるっていうのもいいですね。

☆Zoetrope
思い出の曲②。
自分が初めてライブの感想をブログに書いたのはタワレコ渋谷店のZoetrope発売記念ライブでしたね。
「ラテラリティ」とこの曲は僕が一番なぎさんにのめり込んでいた時の曲で、本気で擦り切れるほど聴き込んでいたと思います。
「ラテラリティ」同様、最近のライブではめっきり歌われなくなってしまった曲なので、生で聴けるのはとても貴重な機会になりそうです。

久しぶりい歌った曲だと思いますが、当時からさらに安定感を増したように聞こえました。
やっぱりラテラリティとZoetropeはいい。

☆Killer Song / 終わりの世界から
久しぶりの麻枝准さんの曲です。
今までライブで一度しか歌ったことがなく、その一度というのが4年前の「little snow&sunny spot」でした。
やっぱりライブで歌うにしてはキツすぎるよな~笑 と思っていましたが、4年前のライブと変わらずしっかりと歌い上げていました。
だーまえ信者の方は歓喜したのではないでしょうか?

☆トコハナ
現在失踪してから2年の神作品「ブラック・ブレット」のEDです。
あれほんとに面白かったから作者生き返ってほしい……
「ラテラリティ」と同じく、激しいロック調になぎさんのボーカルを乗せた曲で、激しさの中にも見え隠れする暗さが魅力的です。
ライブ映えもするし、これからもたくさん歌ってほしいですね!
なぎバンドの演奏がカッコよかった!

☆foe
なぎさんがずっと携わってきたノルンシリーズの楽曲です。
このシリーズのなぎさんの曲はどれも爽やかで風が吹き抜けるような涼しさを感じます。
特にこの曲はなぎさんの音域に合っているのか歌いやすそうに見えました。
もしかしてこの曲ライブで歌うの初めてですか?
「skyscape」の方はFYTで歌っていましたが、「foe」はどの会場でも歌ってないっぽいですね。

☆カザキリ
同じくノルン曲ですが、こちらはアニメの主題歌でシングルとアルバムにもなっているのでライブでも比較的耳にする機会が多いですね。
「melee」や「foe」の雰囲気を引き継ぎつつも、アニメのOPということでより盛り上がる曲になっています。
ストリングスとなぎさんのボーカルの相性の良さを感じさせる1曲でした。

☆ストレンジアトラクター
「ラテラリティ」、「Zoetrope」に続き、聴いただけで懐かしさに涙が出そうです。
1stアルバム「エウアル」の看板曲で、Zoetrope→ラテラリティ→ストレンジアトラクターの流れにドハマリした人も多いのではないでしょうか?
僕もめちゃくちゃ聴きまくりました。
本当に久しぶりの生歌でしたが、変わらない勢いに涙を堪えるので必死でした。
目細めながら嬉しさにニヤけていたので、屋外だったら通報されてたと思います。
 
☆三つ葉の結びめ
「凪のあすから」の後期EDとして思い入れの深い方も多いであろう曲です。
僕は特にMVに出てきた部屋がライブ会場で展示されていたのが強く記憶に残っています。
1393049716330
当時撮った写真がこれです。

サビにかけて晴れやかに伸びていくなぎさんの声がとても綺麗でした。

☆ターミナル
「やなぎなぎ」としてのひとつの到達点とも言える曲だと思います。
これまでの歌手活動を振り返っての思いが詰まっている曲で、3rdアルバム「Follow My Tracks」の看板曲です。
ライブだと特になぎさんの感情が強く込められているように聞こえました。
音源では気づかなかった魅力にライブで気づくことがあるというのも音楽の大きな楽しみだと改めて思いました。

☆CorLeonis
ずっと聴きたかった。
2012年の10月頃からライブに通い始めて、今まで何十回と足を運んだかもうわかりませんが、一度も生で聴けたことはありませんでした。
今回初めて聴くことができて、あまりの感動に固まっていました。
静かで厳かな曲調、哀愁を感じさせる歌詞は正にやなぎなぎの原点とも言えます。
知らなかった人は是非、音源でも聴いてみてください。
雨の海雨の海
やなぎなぎ

CorLeonis
売り上げランキング : 141922

Amazonで詳しく見る
Amazonでは大体売り切れていますが、M3という年2回の同人即売会で売っており、TSUTAYAではレンタルに置いてあることもあります。

ちなみに、「CorLeonis」はこの曲のタイトルであると同時に、なぎさんが活動していた同人サークルの名前でもあります。
由来は、しし座の1等星レグルスの別名です。「獅子の心臓」を意味します。

今回のライブでカシオペア座がテーマとなったのも、「春のしし座」と「秋のカシオペア座」というように対比したのではないでしょうか。
君の知らない物語が「夏の大三角」だとすると、次はいよいよ冬ですかね…?
カシオペア座は5つの星から構成されるということで、なぎバンドと重なるのもあって選ばれたのだと思います。

☆ビードロ模様
ライブではお馴染みのデビュー曲。
今でも根強い人気があり、やなぎなぎと言えばこれ!と言って間違いない曲ですね。
この曲が歌われるとライブも終わりだなーという感じがします。

☆春擬き
「ビードロ模様」と同じか、それ以上に知名度のある曲だと思います。
俺ガイル2期のOPとしてオタク界隈に名を轟かせたのではないでしょうか。
爽やかさと疾走感、晴れやかさを足して1で割ったような濃密な曲です。
ライブでも定番の曲として、最近の「やなぎなぎ」には欠かせない1曲ですね…!
会場も一段と盛り上がったように感じました!
この曲でとうとうこのライブだけでシングルとアルバムの看板曲をコンプリート…!!
正に「やなぎなぎの5年間」を凝縮したライブになった瞬間だと感じました。

☆深遠
デビュー前の曲で唯一、現在もかなりの頻度でライブに登場する曲です。
なぎさんの同人1stアルバム「freirinite」で最後を飾る曲ですが、なぎさんとしてもかなり思い入れの深い曲だそうです。
あの日見た景色も いつか忘れてしまうだろうか
あの日できたことがもう 今はできない
この部分がいつにも増して心に刺さりました。
デビューから5年、音楽活動を開始してからは実に10年以上の歳月が過ぎているわけですが、それでも芯にあるものは大事にしたいというなぎさんの思いが伝わってきます。

まとめ

これが5年間の集大成、と言い切れる素晴らしいライブでした。
なんだかライブの感想というより、5年間の思い出語りになってしまった感はありますが、それだけ自分としても色んな思い出が蘇ったライブだったので勘弁していただければと思います。笑



このブログを開設したのは2013年の2月13日で、もう4年とちょっとになります。
こいつバレンタインデーの前日に何してんだ
もう「ラテラリティ」と「Zoetrope」を聴きまくっていた日々でした。
今となってはこのブログもアニメとポケモンの記事ばっかで、最近に至っては更新をかなりサボり気味になっていますが、当初は「やなぎなぎという歌手を少しでも広く知らしめたい!僕の好きな歌手はこんなにすごいんだって発信したい!」という思いからブログを始めたのを覚えています。
他の話題の記事が増えても、このブログの根底にある軸はずっとそのままでいたいです。
僕のブログからなぎさんに興味を持ってくれた方が一人でもいらっしゃったならとても嬉しいですね!

これからもブログは続けていくので、暇なときに目を通していただければ光栄です!
4月から社会人というのもあり、更新頻度は保証できませんが、、、笑
でもこいつ遊び呆けてる今はほぼ更新しないのに就活中は更新しまくってたな


さて、今年のカラパレの日程も発表されたので、今から楽しみですね!
なんと神戸と東京での2回開催!

3月にはPFCイベントを控えているのですが、僕は金銭的な事情でどうしても参加できません。
具体的には全財産がとっくに尽きていて親に高額の借金をしている状態なのですが、親に「もうこれ以上は貸さん」と言われてしまったので遠征費が払えません;;
え?アニメの円盤たくさん買ってんじゃねえかって?そんなことないですよ?



随分と自分語りをしてしまいましたが、節目なんで許してください。笑
またカラパレでお会いしましょう!
それでは!