どうも。
ニート生活満喫中のキモオタです。

さて、遅くなってしまいましたが、今回もヒロインランキングのお時間がやってまいりました。
例によって、論文形式で今期の可愛いヒロインを紹介していこうと思います。

今回はゆりんゆりんなクールでしたね!
ランキングもゆりゆりヒロインたちが上位を占めています。
百合成分を満喫できた素晴らしいクールだった。。。

いつも通り、この記事はかなり気持ち悪いのでキモオタの方のみの閲覧を推奨します。
一般人の方が閲覧されて、気分を害されても一切の責任を負いませんのでご了承ください。


【前回】
2016年春アニメ ヒロインランキング
 
 

2016年夏アニメ ヒロインランキング

シイ(@yanagi_sh)

 

1.   目的
 当該クールの総括をするとともに、作品への理解と議論をさらに深め、ヒロインの魅力を再確認する。また、これを以てわが国のアニメーションに関連するコンテンツビジネスのさらなる発展に寄与することを目的とする。

 

2.   方法
 2016年冬アニメに登場したヒロインの格付けを行う。紹介するヒロインの数に上限は設けないが、私の主観により「かわいい」と判断したヒロインのみ紹介する。
 また、ランキングの対象となる作品は以下のみとする。

Ÿ   Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ 3rei!!

Ÿ   Re:ゼロから始める異世界生活

Ÿ   NEW GAME!

Ÿ   この美術部には問題がある!

Ÿ   ダンガンロンパ3 –The End of 希望ヶ峰学園-

Ÿ   斉木楠雄のΨ難

Ÿ   ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない

Ÿ   SHOW BY ROCK!! しょ~と!!

Ÿ   モブサイコ100

Ÿ   クロムクロ

Ÿ   レガリア The Three Sacred Stars

Ÿ   planetarian~ちいさなほしのゆめ~

Ÿ   ReLIFE

Ÿ   Rewrite

Ÿ   甘々と稲妻

 

3.   結果

順位

ヒロイン

声優

登場作品

1

宇佐美みずき

小澤亜李

この美術部には問題がある!

2

飯島ゆん

竹尾歩美

NEW GAME!

3

遠山りん

茅野愛衣

NEW GAME!

4

レム

水瀬いのり

Re:ゼロから始める異世界生活

5

照橋心美

茅野愛衣

斉木楠雄のΨ難

6

エミリア

高橋李依

Re:ゼロから始める異世界生活

7

イリヤスフィール[1] 

門脇舞以

Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ 3rei!!

8

コレット

上坂すみれ

この美術部には問題がある!

9

クロ[2]

斎藤千和

Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ 3rei!!

10

田中

福圓美里

Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ 3rei!!

11

滝本ひふみ

山口愛

NEW GAME!

12

美遊[3]

名塚佳織

Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ 3rei!!

 

4.   考察

個別のヒロインにつき、それぞれの魅力とその順位に位置付けた理由について考察する。

1位:宇佐美みずき

image001
image003
image005
image007

女子中学生の女神。

 はっきり言って、論ずるまでもない圧倒的1位のヒロイン。

 彼女は、「男の夢」を正に体現していると言える。

 その理由は主に3つ。①主人公のことが好きで、②一途で、③笑顔がかわいいことである。まずはその3つの理由について考察する。

   主人公のことが好き
 ラブコメの前提にして絶対条件である。大抵のラノベ作品はこの条件を満たしてはいるが、この点においてもみずきちゃんが他のヒロインを上回る良さを発揮していると考える。
 それは、「叶わない恋」をしていることである。
 主人公の内巻くんは二次元に没頭しており、三次元に一切の興味がない。こう書くと僕みたいだが、内巻くんは金髪イケメンなので僕とは別世界の住人であることを忘れてはならない。
 そんな内巻くんに三次元の女性が好意を寄せても、決してそれは実らないだろうし、実際に玉砕する女子をみずきちゃんは自分の目で見ている。
 しかし、それでもみずきちゃんは内巻くんのことが好きなのである。
 この思いの深さにはオタクとしても愛らしさを感じずにはいられないだろう。

   一途
 この手の、恋する女子キャラクターに求められる条件であると言えるが、みずきちゃんはここも十分にクリアしている。
 「恋多き女」は、三次元でこそ引っ張りだこかもしれないが、二次元においては一部の例外を除いて大きなディスアドバンテージとなる。
 その理由は、アニメのキャラクターは「美しさ」を求められているからだと考える。古くから神話においても処女懐胎などが語られるように、女性には性欲に塗れていてほしくない、そして、性欲に塗れていない女性は美しい、という願望が空想上で形となってきた。
 上述する「恋多き女」は、そうした願望に真っ向から反する設定となってしまうのである。
 二次元のキャラクターは実在しないため、過度の人間臭さは美しくないと感じられてしまうのである。
 みずきちゃんは少なくとも作品中では内巻くん以外の男子には一切の好意を抱いておらず、ずっと内巻くん一筋である。
 特に、みずきちゃんのような純粋そうな外見をしているキャラクターとしては、これが大きなアドバンテージになる。
 同じ性質のキャラクターとして、「小野寺小咲(ニセコイ)」を思い浮かべれば伝わりやすいだろう。

   笑顔が可愛い
これは、②とは変わり三次元においても求められやすい要素ではあるが、その重要性はむしろ②より高いと言っていいだろう。
みずきちゃんは基本的にツッコミ役だったり、ツンデレな態度をとっていることが多いが、時折見せる笑顔はオタクたちの心を鷲掴みにしたことだろう。
最終話ラストのみずきちゃんの笑顔で何人のオタクが心臓麻痺で死んだことであろうか。

以上より、みずきちゃんは正に「男の夢」を体現したキャラクターだと言える。
また、さらなる評価点として、オタクを悩殺するシーンが非常に多かった。
体育座りしてモデルになるシーン[4]、プールサイドで服が透けるシーン[5]、ベッドで寝る内巻くんに跨るシーン[6]等、挙げ始めればキリがないほどオタクが発狂するシーンが豊富だった。
オタクとしてはこうしたシーンにニヤけずにはいられないだろう。

 

2位:飯島ゆん

image009
image011
image013

ぷにぷにしたい。

 

あらゆる設定がアドバンテージとして働いている、非常にバランスの取れたキャラクターであると言える。

まず、関西出身であること。

関西弁で話すことで、独特の雰囲気の柔らかさがある。関西弁は基本的に活発なイメージを与えがちだが、ゆんちゃんの関西弁はおしとやかで例えるなら京都美人のような空気を醸し出している(京都弁ではないが)。

次に、太っていることを気にしていること。

正直全然太ってないし、原作の下着イラストとか見てもむにむにしたくなるようなちょうど良さなので、世の中の女性は参考にしてみると良いだろう。おなかツンツンしたい。

そして、一番大きいのが服装である。

先述した二点で柔らかい雰囲気を作り出しておきながら、フリフリのドレスでギャップを演出している。

街中で見かけると二度見してしまうくらいには派手な格好をしており、メルヘンな子なのかな?という印象を与えることで、見る者にゆんちゃんの心の奥にある「謎」を勝手に想像させるのである。

これで本当にメルヘンな子だったらミステリアスも何もないが、本人は非常におおらかで優しいのでそのギャップにオタクたちは妄想が止まらない。

実は田舎出身で昔はおとなしかった、というのもオタクにとって高得点である。

過去の自分を変えようと奮闘する姿は微笑ましく、オタクとしては応援せざるを得ない。

 

3位:遠山りん

image015
image017
image019

百合の花

 

百合は美しい。

百合の花を見たことはあるだろうか。

白く華やかで、どこか儚い。

りんのコウに対する思いも、力強く、それでいて儚く散る運命(さだめ)。

百合とは、なんて美しいのだろう。

 

 

 

 

 

ポエムはここらへんにしておいて、りんちゃんの魅力はやはりコウとの百合にある。

もちろん、かやのん演じる先輩キャラという時点で結婚したくなるのは必然なのだが、そんなりんちゃんが百合というのがさらに素晴らしい。

りんちゃんが熱を出してコウに看病してもらった際、おかゆを「食べさせて」と言ったとき[7]は、それはもう満開の百合の花が咲き誇った。

ちなみに、りんちゃんに関しては原作者が百合を意識して描いていると公言しているので、これはオタクの誇大妄想ではなく確定事項である。

やはり百合はかけがえのない美しさを持っている。

 

4位:レム

image021
image023

スバルくんの匂いを嗅ぐのはレムの特権なんです。

 

 

なんかもうデレデレで色々神だった。

この子の発言で何度萌え死んだことか、覚えてないくらい死にもd

 

 

 

 

 

 

 

 

 

レムりんは前期のヒロインランキングでも6位にランクインしているが、今期も24話まではメインヒロインっぷりを遺憾なく発揮し、さらにランキングをあげることとなった。

2クール目のレムりんはもうスバルくんにデレッデレで、ついに「レムはスバルくんを愛しています」とまで言ってしまった[8]ほどである。

少々愛が重く感じることもあるが、こんなかわいい子にクンカクンカされたり一生付き添われたりしたらもうそれだけで人生勝ち組と言っていい。

真面目な話、スバルくんはメインヒロイン選びをミスっている。

18話であそこまで言われたらOKするべきである。

就活をやっていた僕に言わせれば志望動機として“完璧”だ。

 

5位:照橋心美

image025
image027

おっふ、て、照橋さぁん……

 

「私の名前は照橋心美。自分で言うのもなんだけど、完全に美少女だと思う。これは自意識過剰ではなく、単なる事実」[9]

 

そう、照橋さんは完璧美少女なのである。

こういう自分がかわいいことを自覚している女の子は素晴らしい。

もちろん、本当にかわいくないと地雷中の地雷だが、事実としてかわいい場合、これは逆にアドバンテージとなり得る。

それは、あざといからだ。

自分がかわいいということ、そして、どうすれば自分のかわいさをアピールできるか知っている。

「これをやればかわいいんでしょ」と言わんばかりにわざとその行動をとり、それが本当にかわいいからオタクたちは心を支配されているような気分になってしまうのである。

しかも、そのあざとい完璧美少女をかやのんが演じているというのだから、もはや完璧を越えている。

かやのんのおしとやかな声は先輩などのお姉さんキャラ、そして照橋さんのような「上」に立とうとするキャラクターと非常に相性がいい。

かやのん本人が29歳ということもあってか、お姉さんとしてちょうどいい塩梅の声と演技ができている。

かやのんみたいな人と結婚したいなあ……

 

6位:エミリア

image029
image031

膝枕してほしい。

 

前期に比べ大幅に出番が減少。

終盤までOP以外ロクな出番がなかった上、この作品はOPがよくカットされるので中盤は完全に空気だった。

中にはEDがエミリアのソロ曲なのおかしくね?と思った人もいるだろう。

 

しかし、終盤で再び登場し、最終話で数多くのオタクたちの心を再びキャッチした。

ランク外に落ちるほどの空気っぷりから復活を遂げたものの、やはり前期の活躍には及ばなかった印象である。

 

彼女の魅力については前期のヒロインランキングと被る部分が多いので、今回は「声」にフォーカスしたい。

 

 

みんな、エミリアたんの目覚ましアラーム買おう。

あれは、神アプリだ。

リゼロアラーム ~エミリア編~ - Google Play  Android アプリ

 

7位:イリヤスフィール・フォン・アインツベルン

image033
image035
image037


ほぇ?

 

かわいい。

喋ってるときというより、相槌やふとした瞬間の息遣いなどが破壊的にかわいい。

門脇舞以さんは30代の子持ち人妻で女子小学生を演じている、そしてかわいいというのが絶対的アドバンテージである。

 

イリヤちゃんに関してはなかなかかわいさが理解できないかわいそうなオタクも多いことだろう。

かくいう僕も一期や二期の頃は美遊ちゃんやクロちゃん目当てで見ていたからその気持ちはわかる。

しかし、なんだか三期あたりからだんだんえっちになってきて、今期はインストール大会がかわいすぎた。

 

そう、この画像を見てほしい。

image039

これは、、、えっちですねえ……

キャスター(メディア)の格好がえっちすぎる。

かわいい。

えっち。

 

クロちゃんとのディープキスシーンも素晴らしかった。

これに関しては毎回素晴らしいのだが、今回はいわゆる「だいしゅきホールド」[10]を絡めてのキスシーンであったため、悶絶死したオタクも少なくないだろう。

 

女子小学生でありながら、これだけのえっちさを持っているという点で非常に高い評価をしており、クロや美遊に対してえっちさで勝ると判断し、この順位につけた。

 

8位:コレット

image041
image043

わかる人にはわかる、このえっちさ

 

イリヤちゃんに続けてえっち枠でのランクイン。

細かい仕草、特に部室のソファで足で上履きを取るシーン[11]での効果音がリアルで感銘を受けた。

とてもいい匂いがしそうである。

 

また、おでこを出す髪型は社交性の表れ、などと言われることもある通り、コレットちゃんの髪型はその明るい性格がよく出ている。

さらに、そうした子どもっぽさからか、内巻くんに普通に抱き着いたり、手を繋いだりしているのは、オタクとして保護欲を掻き立てられる。

 

9位:クロエ・フォン・アインツベルン

image045
image047


えっちな褐色ロリは神

 

 

「褐色ロリ」というジャンルに強い魅力を感じる人は決してマジョリティではないだろう。

しかし、クロちゃんに限って言えば話は別である。

こんなにえっちなロリキャラはいない。

斎藤千和さんの声が素晴らしくマッチしていてえっちすぎる。

とても30代の既婚者とは思えない女子小学生ボイスである。

 

そもそも、イリヤちゃんとのあの素晴らしいディープキスシーンは毎回クロちゃんのためにやっていることであって、イリヤちゃんの魅力を押し上げることに貢献していると考えればもっと順位を上げてもいいのかもしれない。

今期のディープキスシーン[12]は最高に神だった。

イリヤちゃんの項でも触れているが、「だいしゅきホールド」が一般アニメで見られるのはこの作品くらいである。

小学生なのにだいしゅきホールドを知っているっていうのがもうえっち。

 

10位:田中

image049
image051

天真爛漫なところがかわいいとか、おっぱいが大きいとか、声が可愛いとか、取ってつけようと思えばそれっぽい理由はいくらでもある。

しかし、僕はここで正直に言っておこう。

 

 

イリヤちゃんとのキスシーン[13]が神だった。

image053

 

「なんだ、まーたキスか」と思った人も少なくないだろう。

だが少し待ってほしい。

イリヤちゃんが、いや、「プリズマ☆イリヤ」という作品の中で、小学生より上のキャラがゆりゆりしていたことが一度でもあっただろうか?

そう、あれだけ豊富な百合シーンを放映しておきながら、あれは全て女子小学生同士の絡みだったのである。

 

しかし、田中ちゃんがその壁を打ち破り、ついにイリヤちゃんとのキスを果たした。

そして、彼女はこう言い放ったのである。

「仲直りの印です!」と。

 

そう、純粋な友情、あるいは恋愛感情ではない「愛」による百合シーンは何者にも代え難い尊さがある。

今回は田中ちゃんのその純朴さを非常に高く評価し、この順位とした。

あと、福圓さんの声だいすき。

 

11位:滝本ひふみ

image055
image057

コミュ障オタクにとってコミュ障な女の子は神だと思う。

「コミュ障」というだけで共通点を感じるし、自分自身がコミュ障であることに引け目を感じなくていいということで、魅力を感じてしまうのは必然であろう。

 

しかし、僕が感じるこの子の最大の魅力はそこにはない。

ひふみちゃんの最大の魅力は、「声」である。

気づいたオタクもいることだろう。

この子は大体「!?」や「……」など、セリフというより息遣いでの演技が目立つキャラクターだが、そうした際に滲み出る声の柔らかさこそが、彼女の魅力の柱となっているのである。

 

ある程度声を作ることで、キャラクターをかわいく演じる声優は多いが、こうした息遣いの演技にはその声優の地の声がどうしても出てしまう。

そのキャラクターに山口愛ちゃんという声優を起用したスタッフは有能と言わざるを得ない。

クセが強くなく、それでいて柔らかみのある声の声優を起用することによってひふみちゃんの「コミュ障だけどとても優しい」という性格をうまく表現することができた。

 

12位:美遊・エーデルフェルト

image059
image061

最終話にて評価が急上昇。

妹モードの美遊ちゃんにはイリヤちゃんだけでなく僕もつい変なスイッチが入っちゃいそうになった。

やはり美遊ちゃんは和服が似合う。

これまで多くのオタクたちが心の中にぼんやりと思い浮かべていたであろう組み合わせが、四期最終話にしてようやく映像化された。

 

最終話までは幽閉された状態で、ダリウスに色々事案発生なことをされた以外での見せ場がなかったものの、最終話帰宅してからの美遊はかわいすぎた。

彼女も本を正せば聖杯なので、オタクたちの願望を取り込んで超絶和風美人に成長した可能性は十分にある。

四期の続編となる劇場版は並行世界の過去編、そして人気が続けば五期へと続くことになるだろうが、ここからは美遊という聖杯を争う聖杯戦争のお話になるので、オタク的にも今後の活躍が期待される。

 

 

キャラクター

ビジュアル

性格

フェチ

見せ場

合計

宇佐美みずき

85

85

75

85

95

425

飯島ゆん

85

75

80

90

80

410

遠山りん

75

85

75

90

80

405

レム

70

85

85

80

80

400

照橋心美

70

85

85

75

75

390

エミリア

75

85

85

70

65

380

イリヤスフィール

65

80

80

80

70

375

コレット

70

70

70

85

70

365

クロ

70

75

75

80

60

360

田中

65

75

65

70

70

345

滝本ひふみ

70

75

70

60

65

340

美遊

70

70

70

65

60

335

個別のキャラクター考察で示したレーダーチャートに使用した数値。主観的に重要な要素を5つピックアップし、それぞれ100を上限として、完全に私の主観で数値化した。

ビジュアル:顔から体型、服装まで広く含み、作画に大きく左右される。

:単純な声の魅力と、声優とキャラクターの相性、演技力。

性格:言動や心理描写などから、善悪問わず「好み」かどうか。

フェチ:ビジュアルと言動から、フェチを刺激する度合い。

見せ場:そのキャラの魅力を引き出す場面がどれだけあったか。

 

 

2016年夏期は、ブレイクした新人声優と、ベテランの二極化が激しいクールだったと言える。

高橋李依ちゃんや小澤亜李ちゃんが大活躍した一方、かやのんや門脇さんなどの大御所がランキングを席巻している通り、猛威を振るったクールでもあった。

高橋李依ちゃんや小澤亜李ちゃんのような、ブレイクした声優の活躍の場はあったものの、それ以外の新人声優にはなかなか厳しいクールだったかもしれない。

実際、NEW GAME!以外ではあまり活躍している人は見かけなかったように感じている。

 

また、他クールとの比較としては、平均値が高く、百合が多かったと考えている。

百合そのものはどのクールでもそこそこの頻度で見かけられるが、遠山りんちゃんやイリクロのような激しい百合を見られることはなかなかないので、オタク諸君は百合成分を補給するのに大いに役立ったのではないだろうか。

 

 

5.   結論

2016年夏期アニメに登場した中で、最もかわいいのは宇佐美みずきちゃんである。また、他クールと比較してゆりゆりなシーンの多い神クールであった。

 

以上



[1] フルネーム:イリヤスフィール・フォン・アインツベルン

[2] フルネーム:クロエ・フォン・アインツベルン

[3] フルネーム:美遊・エーデルフェルト

[4] [この美術部には問題がある!]1

[5] [この美術部には問題がある!]5

[6] [この美術部には問題がある!]10

[7] [NEW GAME!]9

[8] [Re:ゼロから始める異世界生活]18

[9] [斉木楠雄のΨ難]1

[10]正面から抱きついた相手に足を回し、体を固定する仕草のこと。

[11] [この美術部には問題がある!]3

[12] [Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ 3rei!!]4

[13] [Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ 3rei!!]5