おはようございます。

やなぎなぎさんの12thシングル『カザキリ』をアニメイト横浜で購入してきました!
今回はその感想を書いていきたいと思います。

カザキリ
「オラリオン」の発売日が2015年12月9日なので、1か月半での新作リリースとなりました。
「春擬き」から「オラリオン」までが長かっただけに、余計短く感じましたね。笑



 
【前回】
やなぎなぎ11thシングル『オラリオン』 買いました

今回も予算の関係上、購入したのは1枚のみです。
社会人になるまでは複数枚購入はできなさそうですね…

DSC_0149
ジャケット
初回限定盤はまさかのアニメ仕様でした。
なぎさんが写っているジャケットは通常盤のみとなります。


DSC_0150
裏面
ノルンは乙女ゲー原作だから裏面にはかわいいヒロインが描かれているかと思ったけどそんなことはなかったぜ。


DSC_0153
見開き①
ノルンは乙女ゲー原作だから盤面には(ry


DSC_0154
見開き②
特典のDVDが入っています。
ノルンは乙女(ry


DSC_0151
アニメイト特典のポストカード
僕はキモオタなのでこういう森ガールみたいな服は結構好きです。
ボブなのもキモオタ的にポイント高いですね。


DSC_0155~01
DSC_0156
メーカー特典のポスター
B3でリバーシブルになっています。
公式サイトのトップ画と似た構図ですね。


DSC_0152
よくわからないけどもらったコースター?
なつひこ君らしいです。


DSC_0157
2月25日のアニメイト横浜でのサイン会でサインをもらいました。
いつからだったか、気付けば「いつもありがとうございます」と言われるようになったのが嬉しいですね


◇収録曲(4曲、19分)
1. カザキリ
2. in flight
3. カザキリ(instrumental)
4. in flight(instrumental)

1. カザキリ

☆TVアニメ「ノルン+ノネット」OPテーマ
作曲:饗庭純
作詞:やなぎなぎ
編曲:出羽良彰

☆歌詞
カザキリ - やなぎなぎ - 歌詞 : 歌ネット

ストリングスの綺麗な音色とスピーディなメロディの組み合わせがカッコいい…!
終始全体に響き渡っているストリングスに反するかのようになぎさんの声はトーンが暗めです。
サビでも声を張り上げるのではなく、インストにふわっと乗せるような浮遊感のある歌い方で耳が心地よいですね。
速いテンポに浮遊感のあるボーカルで思い出すのは「ラテラリティ」ですが、曲の雰囲気としてはこちらよりも「Zoetrope」に近いでしょうか。
「Zoetrope」をもっと柔らかくした感じの曲だなと感じました。

作曲の饗庭純さんは2015年の10月にデビューしたシンガーソングライターの方らしいです。
編曲の出羽さんも饗庭さんの1stアルバムに参加しているそうで、どのような経緯で饗庭さんが「カザキリ」を担当することになったかはわかりませんが、曲を聴く限りは今後に大きな期待が寄せられるアーティストですね!

曲名の「カザキリ」ですが、鳥の風切羽から来ているそうです。
鳥類を飼う時は逃げ出したりしないように風切羽という飛ぶために重要な部分を切り落としてしまうことがあるそうで、これをクリッピングと言います。
ペットショップにいるインコなんかは、よく見ると翼が欠けてるように見えるものがいるらしいです。
なぎさんはその独占欲めいた行為の葛藤を描いたと語っています。


歌詞を見ると、冒頭の「守るかわり風切羽を折った」とあるので、上記のクリッピングと同じ意味に感じますね。
しかし、風切羽を「折る」という点が気になります。
飛べなくするならば風切羽を切ってしまうのが普通だそうで、折ると見た目的にも歪になってしまいます。
後半の「もしも自由に飛べるとわかっても」に繋げるための伏線なのでしょうか?
風切羽は切ってもまた生えてくるので、わざわざ「折った」と表現した理由は何なのでしょう…?
僕が考えつくのは「かざきりば」と音が被ることを避けた、くらいです…。
[追記]
アニメイト横浜のサイン会で、サインを書いてもらってる間にこのことについて質問してみました。
なぎさんによると、
①「切った」にすると「かざきりば」と被って美しくない
②切って取り払ってしまうのではなく、敢えて折ることで歪んだ独占欲を表現した

ということだそうです。折るという行為をマーキングとして表したということですね。


歌詞に登場するのは、檻に閉じ込められた鳥と「あなた」の二人(?)ですね。
互いの心情が交互に描かれているように感じました。
歌詞カードの段落毎に視点が切り替わってるイメージです。うまい表現ができない…

また、英語のフレーズが"bird in a cage"から、"bird in the hand"、最後には"bird in your hand"へと変わっていくことも興味深いです。
上記に則って、cageとin the handは「あなた」視点、in your handは「私(鳥)」視点であると考えましょう。
クリッピングに対するなぎさんの考え方みたいなものが見えてくるような気がしないでもないですね。笑
このように分けて考えると、羽を切り落としてまで自分の近くにいさせなくてもその鳥(人?)は近くにいてくれるかもしれない、というメッセージにも感じられます。

かなり仮定を積み重ねて話を進めてしまったのでグッチャグチャですが、ひとつの解釈にはなり得るかなと思います。笑
久しぶりに読み解けそうな歌詞の曲だったので長々と書いてしまいました。

PDVD_000
PDVD_001
PDVD_002
PDVD_003
初回限定盤の特典DVDに収録されている「カザキリ」のMV。
なぜか今回だけTVサイズということで1分半しかありません。
お洒落で格好良いんだけど正直短かった。。。

DVDにはこれの他にノルンのノンテロップOPとPVが収録されています。


2. in flight

作曲:やなぎなぎ
作詞:やなぎなぎ
編曲:やなぎなぎ

☆歌詞
in flight - やなぎなぎ - 歌詞 : 歌ネット

「鱗翅目標本」以来となる、なぎさん自身が作曲した曲です。
聴き心地のよいリズムのメロディと、随所で鳴らされる様々な音が印象的ですね。
何の音かと言われるとちょっとわからないんですが、なぎさんのことなので色んなもので音を出しているのでしょう。笑
同人時代のなぎさんの曲が好きな人は好みかもしれませんね。僕は好きです。

歌詞と曲名から、飛行機に乗っている「私」の心情を描いた曲だと考えられます。
なぎさんは最近海外に行く機会も多いので、その時に感じたことを曲にしたのでしょうか?
また、「カザキリ」とこの曲で、鳥と飛行機というモチーフの対比にもなっています。

歌詞の内容としては、夢破れたか何かで傷心の「私」が飛行機に乗ったときに見た光景が中心になっています。
地上で何か思い通りにいかないことがあって、そこから逃げ出すように美しい空の景色に心を洗われている、というような感じだと思います。
うまくいかないことがあって気分が落ち込むときって、どこか遠くに逃げ出したくなることありますよね笑
僕は就活失敗してコミケに逃げました。

しかし、最後に「私を巡る僅かの間のフライト」とあることから、これが夢の中の光景であることが暗に示されているように思えます。
「地上」が現実世界のことを指していて、「空」が夢の中なのでしょう。

そういえば、睡眠がストレスを和らげるのに効果的だとか言われてますが、寝る前に暗記系の勉強をすると記憶が定着しやすいとも言いますよね。
何だか矛盾しているように感じるのですがどっちなんでしょう?
実際、辛いことがあるとなかなか眠れないのは、辛い記憶を残さないための自己防御の不眠だと指摘する研究者もいるようです。
よくわからないですね。


まとめ

今回は「飛ぶ」ことがテーマとなった作品でした。
「カザキリ」は風切羽を折られた鳥の歌、「in flight」は飛行機で空を旅する歌と、両者にわかりやすく一貫したテーマが見て取れます。
歌詞も、他の作品と比較すれば読み解きやすい内容だったと感じるので、この作品に「飛ぶ」というテーマ・メッセージを掲げてリリースしたものだと僕は考えています。
ここまで明確な一貫したテーマが読み取れるシングルは以前の作品にはなかったのではないでしょうか?


と、『カザキリ』について感想を書いていましたが、なんと、

FMT


ということらしく、体が震えてます。

最高だぜ縮小<ヒヤッホォォォウ!最高だぜぇぇぇぇ!!







4月20日が今から楽しみですね!
それでは!

【早期購入特典あり】カザキリ(初回限定盤CD+DVD)TVアニメ「ノルン+ノネット」オープニングテーマ (B3リバーシブルポスター付き)【早期購入特典あり】カザキリ(初回限定盤CD+DVD)TVアニメ「ノルン+ノネット」オープニングテーマ (B3リバーシブルポスター付き)
やなぎなぎ

NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン 2016-02-24
売り上げランキング : 529

Amazonで詳しく見る