おはようございます。

先日見に行った、ガラスの花と壊す世界のBlu-rayを買ってきました。
ガラこわは神

DSC_0142

もう美しさしか感じないパッケージと特典ですね。



DSC_0143 
DSC_0144
パッケージ
カントクさん描き下ろしの三方背ケース
かわいい女の子とガラスの花の組み合わせが神秘的で美しいですね


DSC_0145
DSC_0146
ディスクケース
川村敏江さん描き下ろしのイラストが入っています。
カントクさんの絵も素晴らしいですがこちらも綺麗です。


DSC_0148
ブックレット
なんと92Pにわたり、設定やスタッフインタビューが掲載されています。
カントクさんのイラストも多数載っているのでオタクにとっては眼福です。
あやねるがスタッフの呼び方は「~さん」なのに、種田さんに対してだけ「種田氏」なのあら^~って感じがしますね。


DSC_0140
きゃにめ.jp限定の生原画
デュアルにスミレの髪飾りをもらったリモが抱きつくシーン
こういうキマシシーンを引くあたり僕の普段の行いの良さが表れていません?


DSC_0141
きゃにめ.jp限定の複製原画
全部で10枚あります。
しっかりドロシーとスミレの原画もあったので大満足です。


本編

396
295
782
900
318
映画館で見た記憶も結構新しいのですが、記憶に違わぬ映像美と可愛さでした。
時間が短いので展開が早く、わかりづらい人もいるかと思いますが、なかなか感動するラストだったと思います。
僕はああいうハッピーエンドとは言えない終わり方は好きです。
プログラムであるデュアルとドロシーがラストには涙を流したり夢を語っているところで少しウルッときました。


ストーリーが難しくて理解できなかった人は考察サイトかなんかを見ればわかりやすいんじゃないでしょうか。
もともとViOSの検索エンジンだったリモがマザーに色々仕込まれて、バックアップデータから綺麗なものだけを抜き取っていた、という流れで本編に至ります。

スミレが祖母、ダイアナが母、リモーネ(リモ)が娘という関係で、スミレが重要人物だったというのが驚きでした。
見終わった後だと、デュアルとドロシーの方がスミレよりも脇役に見えてきてしまいます。

映像特典として、「ガラこわプロモーションアーカイブス」が収録されています。
TVサイズとか劇場予告とか色々な予告映像があります。

また、音声特典として、DTS Headphone:Xが収録されています。
5.1chのサラウンド音声が楽しめます。
疑似サラウンド化ではなく、オリジナルのマルチチャンネルサラウンドが体験できるという画期的な音声ですね。
これで全編見てみましたが、本当に劇場にいるかのような臨場感で、すごい迫力でした。


CD特典

イメージソングメモリーズ
◇収録曲
1. センダンライフ / リモ Prototype starring 花守ゆみり
2. Insomnia / デュアル Prototype starring 種田梨沙
3. Hello! / ドロシー Prototype starring 佐倉綾音
4. センダンライフ(instrumental)
5. Insomnia(instrumental)
6. Hello!(instrumental)
☆センダンライフ

初めて聴いたときの印象は、「ボカロっぽい」でした。
実際、この曲の作曲を担当したchukkaさんはボカロPだそうです。
作品の雰囲気とは一風変わったロック調の曲で、花守ゆみりさんの声にもかなり強いエフェクトがかかっています。
この曲はどちらかというと知識の箱の外、現実世界の退廃的な風景を描いているように感じました。

☆Insomnia

デュアルらしい落ち着いた曲です。
曲名と通じて、不安な心情が描かれていますね。
デュアルがプログラムであると考えると妙に心理描写が多く感じますが、リモ(とスミレ)と出会った後のデュアルを歌っているのでしょうか?

☆Hello!
 
ドロシーらしさの出ている鮮やかな曲です。
プログラムという設定も反映してか、エレクトロニカな曲に仕上がっていますね。
電子音がひしめく中にあやねるの声が響いてくる感じが癖になります。僕もうヤバいですか?
あやねるの歌い方がかわいい!!


まとめ

ネットではあまり評判が良くないのは知っていますが、その意見の大半が「わかりにくい」とか「短い」です。
「短い」に関してはその通りなのでもう少しじっくりやって欲しかったですが、流れを理解できれば面白いアニメだと思うので、「わかりにくい」と言って投げてしまうのはとてももったいないと思いました。

綺麗に伏線を回収してまとまっているので、物語としてきちんと収まっているのではないでしょうか。


それと、キャラが可愛いしキャストが豪華なので1度は見てみることをオススメします。
円盤を買うかに関しては、劇場版なのもあって1クールものと比べて非常にお手軽ですし、パッケージは綺麗で特典も豪華なので、作品に魅力を感じたら買った方がいいと思いました。
特にDTS Headphone:Xが大迫力で、円盤ならではの魅力です。
また、曲がいいのでこちらも魅力ですね。

カントクが好きで、あやねるタネキゆみりちゃんが好きで、曲が気に入ったらもう買いです。

やっぱガラこわって神だな(確信)



それでは。

ガラスの花と壊す世界 Premium Edition [Blu-ray]ガラスの花と壊す世界 Premium Edition [Blu-ray]
花守ゆみり,種田梨沙,佐倉綾音,茅野愛衣,石浜真史

ポニーキャニオン
売り上げランキング : 248

Amazonで詳しく見る