おはようございます。

2016年1月23日に開催された、やなぎなぎさんのプレミアムファンクラブの会員限定イベントに行ってきました!
その感想を書いていこうと思います。

PFCイベントも今回で3回目となりますが、PFCイベントならではの企画や選曲があってとても良かったです。

会場も普段のライブ会場に比べ凝った場所になっていますね!

DSC_0119
品川プリンスホテルの正面玄関内にあった案内板
記念に撮ってきました。

PFCイベントが着実に毎年開催の流れになってるの本当に素晴らしいと思います。
運営スタッフも手慣れてきたのか粋な計らいもありました。



【前回のライブの感想】
ライブ「color palette~2015 Gold~」 行きました
【前回のPFCイベント】
やなぎなぎpremium fanclub会員限定イベントvol.2@新江ノ島水族館 行ってきました!

今回は寒かったので外で長時間待つのも嫌だな~と思い、物販待機列形成の1時間ちょっと前に到着。
大体12:10過ぎくらいだったと思います。

しかし、会場のスタッフに待機列形成時間まで固まらないでと言われ追い出されてしまったので、下のフードコートでたこ焼き食べて時間潰してました。

13:20頃に戻ったのですが、すでに大行列が出来ていたので悲しくなりましたね。笑
早く来た人追い出したのになぜ13:30より前から列形成してるんだ…

14時からの物販を購入して受付手続を済ませてからは再びフードコートで時間潰し。本日2度目のたこ焼きを食べました。
グッズのレビューについては記事の後ろに載せておきます。

◇プログラム
1. polyomino -intro-

◇『ポリオミノ』渋谷公演観賞会
2. polyomino -outro-
(MC)
3. テトラゴン
4. 逆転スペクトル
5. Esse
(MC)
6. Sweet Track
(着替え)
◇ゲーム
7. 月灯りふんわり落ちてくる夜
(MC)
8. 星灯りの街灯
9. animus
10. 鳥篭の城
(MC)
11. melee
(MC)
12. 春擬き
※3曲目以降、全てピアノアレンジ


僕の整理番号は124番でしたが、呼び出しが聞こえず150番くらいが呼ばれているときに入りました。
会場は円形ホールになっていて、演者と近い距離で見ることが出来ます。
詳しい様子は「クラブeX│品川プリンスホテル」で確認してください。

☆polyomino -intro-
2ndアルバム『ポリオミノ』の導入曲からスタート。
イベントの前日だったかになぎさんがポリオミノのBD見直しとけよ~みたいなツイートをしていたため、ある程度は予想していましたが、衣装までポリオミノでステージ上部のスクリーンにポリオミノ渋谷公演の映像を映しながらの歌唱となったのには驚きました。

本人も言っていましたが、この曲はツアー時には公演場所によって歌詞を弄っていたため、CD収録版の歌詞で歌うのは今回が初めてになります。

☆『ポリオミノ』渋谷公演観賞会
今回はポリオミノツアーをなぎさんの裏話も交えて振り返ろうという企画で、渋谷公演の映像をダイジェストで流しながらなぎさんがそれに合わせて小話をしていきました。
途中で話すことがなくなって沈黙してしまう場面も少々ありましたが、こういった話が聞ける機会は他にないと思うので良かったと思います。

観客の反応が嬉しかったこととか、光の演出についての話が中心でした。
「Rainy veil」の演出は本当に綺麗でしたよね~

☆polyomino -outro-
実はライブで歌うのは初めてという、なぎさん自身が認める不遇曲。笑
ツアーでintroの対として歌われたのは、introとoutroを合わせた「polyomino」だったため、outroの生歌は今回が初披露です。
渋谷公演の感想記事のセトリをこっそり書き直したのはココだけの話。
introはボーカルに強いエフェクトがかかっているのに対し、outroはボーカルがくっきりとしていますね。
しっとりと冷たい空気感のある曲で好きです。

☆テトラゴン
「polyomino -outro-」が不遇曲なら、「テトラゴン」は超優遇曲です。笑
ポリオミノツアーでは勿論、その次に開催されたcolor palette 2015でも3公演全てで披露。更には続くPFCイベントでも登場することとなりました!

ピアノアレンジということで、かなりしっとりとした雰囲気に仕上がっていました。
なぎさんの声はこういう落ち着いた音色の曲でこそ魅力が最大限に発揮されると思います。
僕の好みの問題なのかもしれませんが。笑

あと、なぎさんが間奏でピアニカ(でいいのかな?)を演奏していました。
日常的な楽器がなぎさんの楽曲の世界観に合っていていいですね。
これもPFCイベントでしか見られない光景かと思います。

☆逆転スペクトル
ピアノアレンジでなぎさんが囁くように歌ってるのがとても素晴らしいですね。
オリジナルの爽やかなイメージを残しつつ、静かな雰囲気に寄せた良いアレンジでした。
歌詞の強調する部分も少し違ったりして、新鮮な気分で楽しめました。

☆Esse
オリジナルからしてしっとりした音色の曲ですが、バックの楽器がピアノのみになっていることからよりシンプルに磨かれたようなイメージです。
なぎさんの染み出るような声がとても印象的でした。
静かな曲のピアノアレンジは神

☆Sweet Track
こちらも優遇曲の一角。一応「ポリオミノ」の看板曲的な扱いである以上、当然と言えば当然ですね。笑
ピアノアレンジによってガラリと色が変わりました。
思わず目を閉じて聴き入るような、穏やかな曲でしたね。

この手のアレンジを聴く度に僕はこういう雰囲気が好きなんだなぁと痛感します。

☆ゲーム
ポリオミノの振り返りも終了ということで、渋谷公演の映像を流しつつなぎさんが着替えのため一旦退場。
再び別の衣装で登場し、恒例のゲームコーナーが始まりました。
今回は2本立て。
①曲当てクイズ
②お絵かき対決

①では、曲の一部分の「楽器単体」の音を流して曲を当てるというゲーム。
難しいやつだとスネアのみみたいな問題もあったので難易度はかなり高めでした。
僕は「ラテラリティ」以外全くわかりませんでしたね。
常に・。・こんな顔してました。

②は、なぎさんがくじで整理番号を引き、当たった5人が指定のテーマで絵を描き、最も観客の心を掴んだ絵を描いた人が景品をもらえるというゲーム。
1回目は「やなぎなぎ」、2回目は「PFCのロゴの蝶」でした。
多分あの場にいた人みんな僕より絵うまいよ・。・;

☆月灯りふんわり落ちてくる夜
ゲームコーナーも終わって再びライブパートに。
後半の1曲目は「ポリオミノ」のカバー曲でした。
ピアノが合うしっとりした雰囲気の曲ですね。
オリジナルよりも少しゆっくりめのテンポですっかり聴き入ってしまいました。
終盤にリコーダーでの演奏が入っています。
なぎさんは小学生以来と言っていました。笑

十年以上前にクレヨンしんちゃんのEDとして使用されていた曲ですが、僕の世代なら覚えている人もいるんじゃないでしょうか。

☆星灯りの街灯
こちらもピアノアレンジですが、原曲同様、前半はボイスエフェクターで掠れたようなエフェクトをかけ、後半はくっきりとした声で歌っていました。
ステージの音響が普段よりも上質なのか、とても綺麗にピアノとボーカルが響いてきて心地よかったです。
別世界にいるかのような幻想的な雰囲気に包まれていました。
星灯りの街灯星灯りの街灯
やなぎなぎ

TamStar Records
売り上げランキング : 84182

Amazonで詳しく見る

☆animus
ライブで披露されるのは初??
発表されたのは6年ほど前になります。
同人ベストアルバム『雨の海』に収録されています。

この頃のなぎさんと現在のなぎさんでは、全く違う雰囲気の曲を作るので、まるでもういないアーティストの曲のカバーを聴いているような感動がありました。笑

音源よりも囁きかけるような歌い方で、より耳に沁みてくるように感じます。
雨の海雨の海
やなぎなぎ

CorLeonis
売り上げランキング : 75847

Amazonで詳しく見る

☆鳥篭の城
こちらもライブで披露されるのはおそらく初めてですね。
この曲は8年前に発表されています。
なぎさんの曲の中でも最古参クラスですね。笑

今のなぎさんがこの頃の曲を歌うと、音源との表現に差を感じます。
音源に比べ、息遣いがよりゆったりとして柔らかい響きになっていました。
曲の世界観としては「CorLeonis」に近いものを感じる曲です。

なぎさんはこの頃の自分が何を考えていたのかわからないと言っていましたが、やっぱり時間が経つと同じ人でも変わっていくものなんですね~。
つい「深遠」の歌詞を思い出しました。

☆melee
なぎさんのイベントで披露されるのは初めてですね。
歌い方としては原曲に近いですが、インストがピアノのみでテンポもゆっくりめだったのでより落ち着いた空気になっていました。
普段のライブではできない曲を歌いつつ、新作の「カザキリ」の宣伝も出来る……うまい…!!

☆春擬き
この曲がラストに持ってこられるのは珍しいですね。
ピアノアレンジということで、原曲とはガラッと雰囲気の変わった静かな音色を楽しむことが出来ました。
歌詞の内容が内容なだけに、落ち着いた曲調にすると一気に暗いイメージになりますね。笑
この曲をなぎさんがピアノをバックにしっとりと歌い上げるとかなりグッときます。

正直、本当に感動したのでこのバージョンの音源が欲しいです。
メジャー曲のピアノアレンジアルバムみたいなの出してくれませんかね?笑

全てのプログラムが終了した後は、一人一人なぎさんから直接お土産を貰って帰りました。


DSC_0121
品プリ下から撮りました。
たっけぇ…


DSC_0120
会場のClub eX。
入り口前は混んでいたので建物の外から撮りました・。・;


◇グッズレビュー
Tシャツ

DSC_0122
DSC_0123
DSC_0124
価格:3500円

左胸部になぎさん描き下ろしの鳥のイラストが入っています。
新規イラストの入ったシャツは珍しいですね!
色は薄いベージュで、背中は下部にロゴ、上部にロゴの蝶が入っています。
シンプルなデザインで普段着にも使えそうです。


premium fanclubロゴパーカー

DSC_0125
DSC_0126
DSC_0128
価格:5000円

Tシャツと同じ薄いベージュのパーカー。
左胸部にPFCのロゴがあり、背中は中央に蝶が大きくあしらわれています。
上のシャツと全く同じ色なので一緒に着ると合いません。笑
シンプルなデザインで、前回のPFCイベントで販売されたTシャツのパーカー版って感じですね。

デザインはいいが値段がちっとプレミアムじゃn(ry


ポストカード3枚組

DSC_0129
DSC_0130
価格:800円

左から、花が開きつつある木の枝、Tシャツの鳥、PFCの蝶です。
左2枚は新規になぎさんが書き下ろしたイラストですね。
ポストカードって正直使い道があまりないので飾っておくだけなんですけど、こういう新規のイラストがあると飾り甲斐もあります。


缶バッジ

DSC_0131
価格:1000円

ポストカードと同じ組み合わせですね。
右2つの大きさは一緒で、左の蝶のバッジだけ二回りほど小さいです。

カバンとかに付けるのが一番メジャーな使い方でしょうか?
右2つは「やなぎなぎのグッズです!」って感じが無くて、普通に綺麗なイラストなので色んなものに付けやすそうですね。


お土産

DSC_0132
DSC_0135
DSC_0133
DSC_0134
上から、整理番号カード表面、同裏面、メッセージカード、飴です。
整理番号カードは受付時、メッセージカードと飴は帰りにもらいました。

なぎさんのこのイベントに対する思いや、5年目の抱負が書いてあります。
余談ですが、なぎさんのメジャーデビュー日は2012年2月29日です。
つまり、2月29日というデビュー日は4年に1度しか来ないわけで、ついに今年がその4年目なんです。
次は2020年、東京オリンピックが開催される年ですが、それまでもそれからも長く続いてほしいですね。


◇まとめ

円形のステージというのも新鮮でしたが、何より音響が素晴らしい。
音量もちょうど良く、ピアノからボーカルまではっきりと、かつ綺麗に聴こえてきて気持ちが良かったです。
さすが品プリって感じでした。

選曲からアレンジまで、PFCイベントならではのものばかりで、思い出として深く残るようなライブでした。
来年も絶対に参加したいと思います。

なぎさんがメジャーでのツアーで活躍しつつも、こういったコアなライブでは昔の曲も大切にしているという姿勢が凄いですね。
今後もこの流れが続いて欲しいです。


次のイベントはおそらく春のツアーですかね!その時にまたお会いしましょう。






そういえば、最近の個人的な悩みなんですが、ライブで直接お会いしたり、ツイッターでお話している時に「SHさん」って呼ばれるんですね。
我ながらこれ何て読むんですか?????
この名前で呼ばれるのが嫌とかではないです

ツイッター始めたときに適当に付けちゃったせいで(イニシャルですらない)、どうしたものかと考えています。 
相手の方にも「えすえいちさん」なんて呼びにくそうな名前言わせてんのが申し訳ないので何とかしたいとは思います。 

でももう3年弱使ってる名前なんで下手に変えて「あんた誰?」状態になるのも嫌なんですよね~・。・;
 
何か素晴らしいアイデアをお持ちの方がいたらコメントかツイッターで教えてください;。;
こちら安原絵麻ちゃんの可愛い画像出せます。
 
 
それでは。