やなぎなぎさんのワンマンライブ2日目(の2回目)、「color palette~2015 Gold~」に行ってきました。
その感想を書いていきます。


gold_color
2015年のcolor paletteシリーズの最後の公演です。
今回のテーマとなる色は金ですね。
前日の同日に開催されたSilver,Silver + Goldと同じく会場は東京グローブ座でした。
西洋風の趣のある劇場です。



【前々回】
ライブ「color palette~2015 Silver~」 行きました
【前回】
ライブ「color palette ~2015 Silver + Gold~」行きました

会場の様子については前回の記事にも載せましたが一応こちらにも。
DSC_0500
会場内は西洋の歌劇場を模した作りでオシャレな雰囲気です。
The Globe Tokyo

今回物販は16:00開始だったようですね。
僕は目当てのグッズは全て購入済みだったため駅の近くの喫茶店でSilver + Goldの感想書いてました。

今回の僕の座席は1階後方列の左端でした。どうも、端っこに愛された男です。
スタンディング以外で真ん中に行ったことがねえ…
とはいえ、半円状の客席なので今回はどの席からもステージはよく見えたと思います。


セットリスト
1. 春擬き
(MC)
2. テトラゴン
3. halo effect
4. インテンション・プロペラント
(MC)
5. Ambivalentidea
6. 真実の羽根
(MC)
7. 金の波 千の波
8. Esse
9. unjour
10. lux imperium
(MC)
11. 鱗翅目標本
12. アクアテラリウム
13. 三つ葉の結びめ
14. mnemonic
(MC)
15. 星々の渡り鳥
16. link
17. ビードロ模様
(アンコール)
18. Sweet Track
(告知)
19. クロスロード
20. ユキトキ

なぎさんの衣装はSilver,Silver + Goldの時とは変わり金色のベルト(?)を付けていたり、衣装の色が少し金色寄りになっていたりと小さな変化がありました。
ステージの装飾については僕は変化を感じませんでしたが、変わっているところに気付いた人もいるみたいですね。こういう時は視力が悪いのが恨めしいです。

☆春擬き
今回はこの曲からのスタートとなりました。前2回は終盤に歌われていたのでトップに来たのは驚きでしたね。
イントロから盛り上がる曲なので会場も一気に沸いていました。
やはり音量が大きすぎてストリングスが埋もれているのが残念ではありましたが、なぎさんの歌唱がとても安定していてクリアな声が響き渡っていたところは良かったです。
最後の公演ではなぎさんの「せーの」のタイミングも合っていましたね!笑

☆テトラゴン
3公演全てでの披露となりました。
バイオリンの音色をバックになぎさんのボーカルがスーッと頭の中に入ってくる感覚で聴いていてとても心地いいです。
いつぞやのサイリウムのプロがいて懐かしい気分になりました。

☆halo effect
Silver + Goldでも歌われた曲です。電子的な音に弦楽器の音を重ねることで幻想的な雰囲気が醸されていました。
盛り上がる曲ではありますがライブのコンセプトには合っているお洒落な曲だと思います。
また、普段のバンド編成でも何回かは聴いていましたが、やはり普段のライブともCD音源とも違う今回ならではの音になっていたのではないでしょうか。

☆インテンション・プロペラント
Silverで歌われた曲ですが、Goldでも序盤での披露となりました。
原曲だとイントロの部分がピアノだけですが、ライブではストリングスが乗っていてより大人な雰囲気の曲になっていたと思います。
弦楽器の音がしっかりと聞こえる曲で、チェロまではっきり聞こえました。僕としては他の曲もこういう感じにしてほしいです。

この曲が終わったところで観客が座りました。

☆Ambivalentidea
全ての公演で5曲目での披露になりましたね。割とどうでもいいですが位置まですべて一緒なのはこの曲だけです。着席ポイントなのかな?
よく聴いてみると原曲にもストリングスの音がありますが、ライブではよりそれが前面に出ていてなぎさんのボーカルのアクセントになっていました。

☆真実の羽根
Silver + Goldにて同じ位置で歌われた曲です。
まず最初の感想としては、「ヴィオラかっけえ…」でした。
今までの曲では結構他の楽器に埋もれてよく聞こえなかったりしたので余計にそう感じたのかもしれません。
パーカッションの奏でる様々な音色も曲の雰囲気を引き立たせていましたね。

☆金の波 千の波
Silver + GoldにてSilverと同じカバー曲が歌われたので予想はできていましたが、やはりGoldのカバー曲はこの曲でした。原曲は新居昭乃さんです。
ストリングスとなぎさんのボーカルが合わさりしっとりとしたクリアな曲になっていました。
カバー曲だと特に感じますが、この透明感がなぎさんの最大の武器かもしれませんね。

☆Esse
照明の動きが綺麗で印象に残っています。
今年のカラパレはかなりしっとり系の曲が多いですが、この曲は中でも特に静かな曲ですね。
こういう静かな曲を生で聴くと特に思いますが、なぎさんはこういう曲とかこういう編成のライブが合っているように感じます。

☆unjour
絵本をモチーフにした曲ということで、童話っぽいメロディが特徴ですが、弦楽器の音色を加え神秘的な雰囲気が出ていたと思います。
弦楽器が目立つ曲で音もはっきりと聞こえたのが良かったです。
原曲では電子音のところがストリングスに変わるだけでお上品な空気が出来ていました。

☆lux imperium
かなり意外なチョイスです。ライブでの披露初めてじゃないかな?
Silverでは同じ位置に「錫の繋ぎめ」があったので、「星灯りの街灯」繋がりでこの曲が選ばれたのかもしれません。
「金の波 千の波」からなぎさんはステージ上のソファに座って歌っていたのですが、この曲は上の3曲に比べテンポが速いこともあり足でリズムを取っていたのが可愛らしかったです。

この曲好きなのでライブで聴けて良かった!しかもこのメンバー編成で聴けることは今後そうそうないと思うので耳に焼き付けておこうと思います。

☆鱗翅目標本
この曲はSilverで歌われていましたね。
会場の形状もあってか、普段のライブや音源よりもボーカルが通っているように感じました。
Silverの時もそうでしたが、会場の雰囲気にとてもマッチしていて聴き入っていました。

☆アクアテラリウム
この曲は3公演全てでの披露となります。
今回はコーラスの「ヒヒッ」の部分が生ではありませんでしたね。
曲の静かな雰囲気がライブのコンセプトに合っており、普段のライブよりも曲の良さが出せているように感じました。

☆三つ葉の結びめ
この曲も全ての公演で歌われました。
晴れやかなサビの部分がストリングスが合わさることでより強調されていたと思います。
「テトラゴン」もそうですが、盛り上がる曲でありながら弦楽器の音がよく聞こえてくる曲なのでこのライブによく合っている曲だと感じました。

☆mnemonic
しっとりと沈んでいくような雰囲気が印象的でした。
このくらいの音域がなぎさんに合っているのか、もうすでに2日間で50曲以上歌っているのにとても綺麗に伸びていたと思います。
弦楽器が馴染みやすい曲調だったので聴きやすかったです。

☆星々の渡り鳥
サビで一気に花開くようなキラキラとしたメロディがとても綺麗でした。
この曲はシングルのカップリングですが3公演全てで終盤に歌われましたね。
3公演全部の感想記事で書いてる気がしますが、ライブのコンセプトに合った晴れやかな曲調が弦楽器とマッチしています。

☆link
電子音にストリングスの乗った幻想的なメロディになぎさんのゆったりとした歌声が重なり、しっとりとした切ない曲になっていました。
3公演全てで歌詞の終盤にアレンジが入っていましたが、ライブならではのアレンジでいいですね。今回はちょっと噛んでしまいましたが笑

☆ビードロ模様
一旦最後の曲ということで、「ビードロ模様」。
アコースティックバージョンほどではないですが、原曲はゆったりとした曲調でしっとり歌い上げていました。
原曲の感じも好きですが、今回のようなしっとりとしたバージョンの音源も是非欲しいところです。
なぎさんが手を振りながら歌っているところなんかは最後の曲っぽい雰囲気がよく出ていていいですね。

ここでアンコール。

☆Sweet Track
この曲の開始とともになぎさんが再登場。
なぎさん始め演奏メンバーはGoldのTシャツを着ていました。
サビのあたりには声に少し疲れも感じましたが、元気な曲なので会場は盛り上がりましたね。
会場の盛り上がりとしてはこの曲は1番と言っていいくらい盛り上がっていたと思います。

告知タイムを挟みましたが、ほとんど同じ内容だったので割愛します。
ただ、新しい情報が1つあり、ライブDVDの特典として「Sweet Track」のMVが収録されるそうです!

☆クロスロード
爽やかな曲調で、なぎさんの綺麗に伸びるボーカルがよく合う曲でした。
ストリングスが映える曲調だっただけに、埋もれてしまっていたのが残念です。
しかし、盛り上がる曲も続いてラストスパートということもあり会場のテンションもかなり高まっていました。
なぎさんも最後まで頑張って歌いきっていたという感じです。

☆ユキトキ
ついに2日間で最後の曲。
今回の締めは弦カルテットとパーカッションも残って盛り上がる曲となりました。
後ろの楽器の音色に注目して聴いていましたが、ふとした瞬間に聞こえてくるバイオリンの音色などが曲の爽やかさを引き立てていました。
前の2曲で会場がヒートアップしていたこともあり、この曲はかなり盛り上がりましたね。
明るい曲で締めるのはなぎさんのライブには珍しかったですが楽しかったです!


な、長い週末だった…
さすがに2日間で60曲も聴いたので疲れちゃいましたね笑
聴きたかった曲も聴けたし、何よりオーケストラがなぎさんのボーカルにとても合っていてめちゃめちゃ僕の好みだったので素晴らしいライブでした!!


3つすべて参加した方も、そうでない方もお疲れ様でした!
また次のイベントを心待ちにしています。

それでは。