当初XY最強のメガシンカにして全ての型を考慮すれば勝てるポケモンは無しとまで言われた性能を誇るポケモン

Sメガガルーラ
メガガルーラ
Aメガガルーラ

その圧倒的な制圧力からパーティを組む際には必ずこいつの対策は考えなければならないことですが、ORAS環境に入る前にXY環境でのメガガルーラの対処法・対策についてもう一度考察します。
 
【ポケモンXY】やっぱりメガガルーラ強いから対策考えた

 僕がXYのレーティングバトルに参加して3ヶ月くらいの時にこんな記事を書いたのですがぶっちゃけ今の環境だと全く通用しなさそうなポケモンをちらほら挙げてますね。今時シュンシュンシュンしないピクシーとかおるん!!???

XY初期と比べてどんな風に環境が変わったかと言えば、あくまで僕の印象ですが
  • 物理ガルーラが再び増加。今や猫捨身型が主流に
  • ゲンガーの増加。どんなパーティでも何かしら仕事のできる器用マン
  • バシャサンダーナットの流行(これはもう一昔前かな?笑)
  • ゲンガー増加に合わせてラムガブの増加
  • 受けループ復権
  • 霊獣ランドロスの増加
といった感じかと思います。
やはりガルーラは環境の中心ですね()
ガルーラも環境に合わせて様々な型が出現し、当初の恩グロ不意@1構成から猫捨身、身代わり搭載、両刀、投げ特殊までもう何でもアリな感じ。

全ての型を考慮すれば後出しから勝てるポケモンは正直存在しませんが、そんな中でも僕がレートで実際に安定した対処法、加えて自分のガルーラにされた対処で突破困難だったものを挙げていきます。
あまり偉いこといえる立場でもないですが参考になれば。

1.定数ダメージ系
  1-1.接触ダメージ
  1-2.鬼火、毒など
2.高火力系
  2-1.火力押し付け
  2-2.ギミック
3.搦め手
  3-1.道連れ、滅び
  3-2.何より意表(ry


1.定数ダメージ系

  1-1.接触ダメージ

クレセリアカバルドンガブリアスナットレイ
おそらくガルーラの対象法として最もメジャー。
自分も「このPTガルーラやばない?」ってなったら大体これで誤魔化そうとします。
霊獣ランドやライボルトで威嚇とんボルしつつ裏のゴツメで更に削るなんて立ち回りもありますね。
不利対面からいきなりゴツメガブ後出しすると気持ちいい。
再生回復で後出し性能を残しつつサイクルを回していれば自然と落ちたり裏の先制技圏内に入っていることも多いです。
ただ所詮は誤魔化しなので弱点もあります。
・突然の特殊型
・不利対面からグロパン積まれると大体受からない
・三ヽ(´◔‿ゝ◔`)ノ┌┛みかづきのまいWWWWWフォロォォォォWWWWW

そして大体のパーティはその接触ダメ要員が落ちると残りもガルーラで掃除されます。たいあり。
ゴツメ持ちは色々試しましたが最も安定したのは言うまでもなくクレセリア。特殊型も有効打は搭載率の低いシャドボしかなく、グロパン→捨身もHB特化で耐えることもあるくらいです。最近はHCベースが流行りだそうですが僕はHBが好みです。

  1-2.鬼火、毒など

ゲンガーメガゲンガークレセリア火ロトム水ロトム
鬼火は決まれば爆アド。外したら神様にやつあたりする。
毒は高耐久のポケモンで定数ダメージサポートとして使いましょう。交代読みで毒を撒いてゴツメ持ちに引くのも有効です。

特に鬼火はガルーラを機能停止させ他のポケモンでも戦えるようになったりバンギやギャラの起点にすることもできますが、やはりミリで残ったところをトリル三日月されたりすると辛い。
逃がさないメガゲンって神だわ。

2.高火力系

  2-1.火力押し付け

メガヘラクロスメガルカリオメガゲンガーメガバシャーモ
こちらも対処法としてメジャー。
定数ダメ系はほとんどがガルーラより遅いポケモンで遂行するため想定外の型だとサイクル崩壊しかねないがこちらは上からワンパンできる奴もいるためその意味ではこちらの方が安定。
ガルーラと対面したら大体逃げられるけど裏に負担をかけつつサイクルを回してダメージレースで優位に立つ方法です。
起点構築から積んで全抜きする型も一応ここに含みます。

ブシン、ヘラも大体勝てるけど猫捨身型に対してはA削ってB調整しないと耐えないので注意。
上から叩ける連中は物理紙耐久が多いので裏のゴツメ持ちやアロー、トリル三日月に注意。 
ガブは上記定数ダメ系と両立はできるけど一撃で落とす手段は無いので突然の冷Bに注意。

不意打ちを撃たせにくいゲンガーって神だわ。

  2-2.ギミック

ニョロトノオムスター
バシャーモメガガルーラ
トノスターとかバシャガルとかですね

雨ドロポンでガルーラ共々全員一撃で飛ばしたり、加速ビルドバトンで最強の生き物を錬成したり、とりあえず相手のガルーラに動く隙を与えない全抜き構築です。
決まればとりあえずガルーラは怖くない。
決まらない場合は「やガ糞」とツイート。

3.搦め手

  3-1.道連れ、滅び

メガゲンガーソーナンス
ゲンガーの最終兵器。
初手からゲンガナンスで滅んで行ったり、無理そうなら道連れ。
ガルーラは性質上ほぼフルアタかつ相手を落とす技がほぼ攻撃技なので上から道連れすれば決まらないこともないです。
やっぱゲンガーって神だわ。

  3-2.何より意表(ry

エルフーンバンギラスギルガルド
(これに関してはもう「その他」的な感じでなんでもいいんじゃないかと思う)
僕がパッと思いつくのはコットンエルフ、スカバン(スカーフ格闘技)、保険ガルド。
保険ガルドのどこらへんが意表ついてるのかは僕もわからないが他に入れるところもないので。 
ただコットンエルフは特殊型に弱かったり、スカーフ系はガルーラの調整次第では耐えられて返り討ちにあったり、保険ガルドは裏で削られると地震圏内入ったりと明確な弱点もある印象。
正直この枠を使うとしてももう1種類くらいは処理ルートが欲しい。 


あとがき

めっちゃ列挙しましたが、ほぼすべてのパーティが3-2以外の処理ルートのどれかは採用しているのではないでしょうか。
いわゆる「ガルーラに強いパーティ」というのは上記ルートを複数(同時に)とれる、選出が縛られない構築だと思います。
誰か一匹で完璧に対処しようとするとパーティ全体のパワーも落ちがちだし選出も縛られるので構築全体でガルーラの処理ルートを複数用意しておくのが一番いいのではないかと思います。
ゲンガークレセガブみたいに並びで選出抑制するのも一つの手ですね。

久しぶりに単体考察記事書きましたが雑コラだけ貼って今回はおしまいにします。
ポケ勢三銃士2