今までSHUREのSE535ltdを愛用していたのですが、音切れするようになってきたので何度か純正のケーブルを買い替えてみました。しかし結局しばらく使っているとまた音が切れるようになってしまうので今回思い切って他社製のケーブルに手を出しました。

iHP-35M1

FURUTECH社製の「iHP-35」シリーズです。
ヨドバシで8000円くらいだったかと思います。
 


1393036427619
パッケージ
シンプルで箱も小さめ


1393036488372
ケーブル本体
長さは1.3m、まあ一般的なケーブルの長さです。
SHUREのリケーブル用のやつはそれはそれは長かった…


1393037312711
プラグ部分
光沢があって高級感もありかっちょいい
ステンレス製です

プラグ部分がL字になっていないので、使い勝手が少し変わるかも
1393036901204
SHUREのケーブルの場合


1393037068696
iHP-35-1.3Mの場合
ポケットに入れて外出する場合なんかはこっちの方が扱いやすそうですね。
L字はスペースをとらないという利点はありますがポケットに入れてるとどうも絡まったりケーブルに負担がかかりやすくて自分には向いていなかった…。


1393037356007
SE535に装着
取り回しが良く使いやすいです。
ケーブルにクセがないから絡まりにくい。
耳かけ部分はワイヤーが入ってるのかな?自分に合った形に変えられるようになってました。


  • 音質の変化について
ケーブルを変える以上見た目も大事ですが何より音がどうなるのかが一番重要なところだと思います。
僕は純正のケーブルとこれしか所持していないので他のケーブルとの比較はできませんが、純正のケーブルと比べたとき「変わったなー」と思える程度には違いを感じました。
ケーブルで音が変わるなんて、、と思う人は多いだろうとは思いますが、高級品同士を比べた場合は確かにそうかもしれないけど3000円のケーブルと8000円のものを比べたときには僕でも違いを感じられるくらいには変わると思います。 

まず、一番最初に感じたのは音がクリアに聞こえるようになったところです。
別に純正のケーブルの音が曇っていてどーのこーの、という話ではなくiHP-35の方を初めて聴いたときにクリアになったと感じました。
音の輪郭はこちらの方がはっきりしていると思います。低域の響くような感じが無くなった代わりに中高域がくっきりと輪郭が強くなったような感覚です。
全体的に音の押し出しが強くなったのではっきりと聞こえるようになりました。
 


純正のリケーブルに比べると結構値段の張る買い物でしたが、購入して3週間ほど使用してまだ音切れは無いですしクセもなく使いやすかったので純正のケーブルをいくつも買い替えるよりかはいいかなーと思いましたねー。
このケーブル自体はSE535の他、SE846等SEシリーズはもちろん、Ultimate EarsのUE900やULTRASONEのIQ、edition8 Romeo & Juliaにも使用できます。
SE846一回聴いてみたいなあ…笑

【国内正規品】 SHURE 高遮音性ハイエンドイヤホン SE535SpecialEdition SE535LTD-J【国内正規品】 SHURE 高遮音性ハイエンドイヤホン SE535SpecialEdition SE535LTD-J


SHURE
売り上げランキング : 17770

Amazonで詳しく見る