この前バシャーモを使ってみようと思ったときにどんな調整にすればいいのかちょっと悩んだので色々考えてみました
バシャーモに「いのちのたま」を持たせるのとメガシンカするのではどのようなメリットデメリットがあるのか、また努力値の調整なんかについて考察していきます。
img_mega_03_formimg_mega_03_to
今回「きあいのタスキ」は火力面に影響がないので考察からは割愛します。
てかタスキ持ちって火力に不安が残るしあんまりいないんじゃないかな…?

 

  • 素早さ調整について
・「いのちのたま」を持たせる場合
補正をかけて全振りすることで実数値で145になり加速一回で最速145族、つまりアギルダーまでは抜けます。メガプテラ、メガフーディンは抜けません。一応スカーフを持ったポケモンも相手が特化していなければ抜くことができますが、そこまでしてアギルダーやスカーフ持ちを抜く必要があるかというと正直その必要性は薄いと思います。
かといって4振りにしてACに252振ると加速しても最速85族、準速98族までしか抜けません。せいぜいサザンドラまでしか相手できないとなるとそれはそれでまずいのである程度素早さに振る必要があります。
アギルダーから少しずつハードルを下げていきましょう。
すぐ下の135族にはメガライボルトがいますが威嚇で膝を耐えられてしまうのでバシャーモはどの道不利です。
さらにその下でバシャーモで抜きたいとなると125族のマニューラあたりですかね?
僕はマニューラは個体数的にもわざわざ対策する必要はないと思ったのでもう少し下げて最速オンバーン抜きをオススメします。
オンバーンを抜いておけばめざパ氷で確定一発がとれますからね。すりかえをスカしながら加速して上からめざパ氷が入ります。
ちなみに最速オンバーンを抜くには素早さに補正をかけて努力値を140振る必要があります。
めざパ氷を搭載しないとしてもゲッコウガは抜きたいので132は振る必要があると思います。

ここまで書きましたが物理特殊どちらか一本にするなら耐久に振る意味はないのでAorC252、S252でいいでしょう。

・メガシンカする場合
バシャーモはメガシンカしても役割対象は変わらないと思います。
なので素早さ調整も上記と同じ最速オンバーンもしくはゲッコウガ抜きがオススメです。
メガバシャーモで最速オンバーンを抜くには補正無しで努力値を68振れば大丈夫です。



  • 両者の比較
珠バシャとメガバシャを比較してお互いのメリットとデメリットを書いていきます。
・珠バシャ
img_mega_03_form
☆メリット
・メガシンカ枠を他に回せる
・特殊火力が高い
☆デメリット
・攻撃するたびスリップダメージが入るので一度とびひざげりを外したらゲーム終了
・砂や霰、ゴツメやステロなどで勝手に死んでいく
・耐久も低いので先制技が致命傷になる


・メガバシャ
img_mega_03_to
☆メリット
・物理火力が高い
・スリップダメージが入らないので(気持ち)サイクルが回せる 
・耐久も少しだが上がっているので先制技が致命傷になりづらい。
・Sを厚く振ればメガプテラやメガフーディンも抜ける。
☆デメリット
・特殊火力が低い
・メガシンカ枠が埋まる


こんな感じでしょうか。
では型の考察をしていきます。
すばやさは全て加速一回で最速オンバーン抜き調整にしました。
技構成は
とびひざげり
オーバーヒート
めざめるパワー(氷)
まもる
を想定しています。役割対象は格闘、炎の通るポケモンと氷4倍弱点です。
また下記の「実数値」欄は個体値31で計算しています。
性格は少しでも先制技に強くするために特防ダウンにしました。
火力指数は
AorCの実数値×技威力×タイプ補正×アイテム補正
で出しています。

1. 物理特化

@いのちのたま
性格:むじゃき(やんちゃ)
努力値:A252、C116(28)、S140(228)
実数値:155-172(189)-90-145(134)-81-129
火力
とびひざげり:43602(47911)
オーバーヒート:36757(33969)

@バシャーモナイト
性格:やんちゃ
努力値:A252、C188、S68
実数値:155-233-100-174-90-129
火力
とびひざげり:45435
オーバーヒート:33930

とりあえず攻撃に全振りしてみた型。 
物理一本にするなら耐久や反動も考えてメガシンカ一択ですが、物理寄りの両刀だとどっちもどっちの一長一短です。
膝の火力と耐久を重視するならメガシンカ、オーバーヒートやめざ氷の火力も大事にしたいなら珠って感じになりそう。
しかしこの振り方だと珠でもめざ氷で無振りガブリアス低乱数1、メガだと確定2です。H252ギルガルドも珠で高乱数1ですね。 
どれにしても事前にステロを撒いておきたいです。
物理火力に関してはどちらでも輝石ラッキーが確定1なので問題ないでしょう。


2. 特殊特化

@いのちのたま
性格:むじゃき(うっかりや)
努力値:A116(28)、C252、S140(228)
実数値:155-155(144)-90-162(178)-81-129
火力
とびひざげり:39292(36504)
オーバーヒート:41067(45123)

@バシャーモナイト
性格:うっかりや
努力値:A188、C252、S68
実数値:155-204-100-182-90-129
火力
とびひざげり:39780
オーバーヒート:35490

こちらははっきりと明暗がわかれましたね。膝の火力にはほとんど差は無くてもオバヒとめざ氷が明らかに差があります。
この場合は珠ダメを考慮しても珠バシャ一択ではないでしょうか。
輝石ラッキーはどちらも高乱数1です。 


3. 調整振り

@いのちのたま
性格:やんちゃ
努力値:A124、C156、S228
実数値:155-171-90-150-81-129
火力
とびひざげり:43348
オーバーヒート:38025
[2014.5.11追記]
名無しのオージャンさんにご指摘いただいた通りむじゃきよりもやんちゃの方が効率がいいので修正しました。ありがとうございます。
CとSを同じ数値に合わせると、残りをAに全振りしたとしてむじゃきが167、うっかりやが169、やんちゃが171となります。

@バシャーモナイト
性格:うっかりや
努力値:A244、C196、S68
実数値:155-211-100-192-90-129
火力
とびひざげり:41145
オーバーヒート:37440

まず振り方についてざっと説明します。両方とも同じ基準で調整しました。
H252D4ギルガルドをオーバーヒートで確定1。残りA
だけです。笑 
しかしこの振り方でどちらも輝石ラッキー確定1、D4ガブリアス中乱数1がとれます。ガブリアスはステロ込みで確定です。
オンバーンやゲッコウガに加えてラッキーやガブリアスまで役割対象に入るので今の環境ならかなり広めに活躍できるのではないでしょうか?
両者の比較をすると、火力は誤差の範囲ですが珠の方が上ですね。ガブリアスに対しては珠の方が若干有利な乱数で落とせます。
とはいえメガバシャのスリップダメなしも大きな魅力ですのでどちらをとるかはパーティと相談ですね。
あとメガバシャならギルガルドの弱点保険狙いの居座りも誘えます。
特攻に補正をかけないと一発では落ちない以上ギルガルド側もメガバシャを落とせると勘違いしてくれそう。
ギルガルド側にしてみれば初手キングシールドでフレドラを受けるかオバヒを見て耐える読みで居座るかが安定ですからね。 

僕が実際に使ったのは最後のメガバシャだけですが、ギルガルドは何回当たっても普通に引いてきました笑
どうやらオバヒは耐えないと思っているか他で受けた方がいいと思われたようです。
しかしステロを撒いてから出すと相手に不利な択を迫れるので使いやすかったです。
ギルガルドと対面してオバヒ→キンシ→相手交代→交代先に膝、なんてこともできたので膝を外さなければ仕事のできる奴でした。
膝を外したのでクビにしましたが。

                    


考察はここまでになります。
まとめると物理一本はメガシンカ、特殊一本は珠、両刀は型とパーティによる、といった感じです。
とびひざげりは当たれば強いですね。抜群ならほぼ確実に一発、等倍でも次のオバヒやめざ氷の圏内に持っていけます。サイクル崩し性能が非常に高いです。
しかし膝を外した時は一気にこちらのサイクルが崩れるので一発でも外した瞬間に負けが濃厚になりました。
使い方としては、まずステロを先発で撒いてからバシャで交代を迫っていく、というのが最も使いやすかったです。
弱点は膝・オバヒで抜群が取れないかつめざ氷が4倍じゃない高耐久ポケモンとゴーストタイプ、そしてまもる。対策しようと思えば簡単ですね。シャンデラでも入れておけば一体で機能停止にできます。

先日解雇されたメガバシャさんがこちらです
1392466678024
二日かけて粘った理想個体が三日でクビになりました。まあどうせ進化前はもうかだし…