お久しぶりです笑
11日ぶりの更新ですかね? 

去年の暮れにポケモンを購入してからハマってしまいまして、更新とテスト勉強をサボっておりました。。

かなり間が空いてしまいましたが今回はモバイルバッテリーのレビューです!
これ一つでパソコンからスマホからタブレット、さらにはルーターまで充電できてしまうので大変重宝しております。
今まで一生懸命バッテリーを節約していたのがアホ臭く感じるくらい楽になりました笑

1388405407544
あの有名なダンボーを模したデザイン!!
 


一応ダンボーわからない人用に画像置いときますね





1388405439798
セット内容
本体にUSB-MicroUSBケーブル、専用ポーチ
本体は意外に結構重い。少なくとも段ボール製ではなさそう。
ポーチは麻でできている(かな?)ので触り心地もいいし雰囲気も出てる。
ケーブルはこれ一本で本体の充電もできるしスマホやタブレット、ルーターの充電もできるので買ってすぐ使えて便利。 
PCやWALKMAN、iPod系列やゲーム機などを充電するには別途ケーブルが必要。


1388674397984
差込口はこんな感じ
1Aと2.1Aがあるが、両方に対応した機種なら2.1Aの方が充電が速いそうだ。
測定はしてないので知らない。
一番右の「INPUT」の部分にケーブルを差し込むと充電できる。
しかし付属品だけではコンセントからの充電ができないので注意。
主にパソコンなどから充電することになる。

iBUFFALO 【iPhone5対応】USB充電器(ACアダプタ) 1ポートタイプ 平型 ブラック BSIPA02BKiBUFFALO 【iPhone5対応】USB充電器(ACアダプタ)


バッファロー
売り上げランキング : 74

Amazonで詳しく見る
この系統の製品も買っておくといいかもしれない。


1388674406441
画像のように本体右側が光って電池残量を5目盛で表示してくれる。
本体の充電時と出力時にもここが点灯する。


ちなみにこのバッテリーはcheeroというメーカーの製品で、このコラボレーションモデルの他にもたくさんモバイルバッテリーを発売している。
中でも同じ容量で現在発売中なのがこれ

マルチデバイス対応 cheero Power Plus 2 10400mAh (シルバー) 大容量モバイルバッテリーマルチデバイス対応 cheero Power Plus 2 10400mAh (シルバー) 大容量モバイルバッテリー


cheero mart
売り上げランキング : 1

Amazonで詳しく見る
こっちにはLEDライト機能がついている。こちらの方がさらに重い。
どちらがいいかはデザインと機能、価格を見て決めましょう


使い勝手としては先ほども書いたが素晴らしい。
僕はdocomoのスマホでパケホを契約せずWiMAXでネットに繋いでいるのだが、今まではルーターが約10時間で電池切れになるので学校に行くときなどは使わない間にこまめに電源を切ったりしていた。
スマホもWi-Fiの方が電池消費が少ないとはいえ一日使っていたら電池切れになる。
これらの問題を4000円足らずで一気に解決してくれた。
専用ポーチもあるので持ち運びやすいし、デザインもいいので普通に机の上に出して使っても恥ずかしくない。

さらにケーブルさえ揃えればパソコンやゲーム機まで充電できてしまうのだからポテンシャルが計り知れない。
容量も半端ではなかった。
最近のハイスペックスマホに搭載されている長寿バッテリーは数字にしてせいぜい3000mAhちょっと。ほとんどが2400程度に収まっている。
それに比べてこのバッテリーは10400mAhである。怪物である。

この前一日以上外出する用があったのでこれを持って出かけたらルーターもスマホも充電しながら全く節約せずに使い続けても3つとも電池切れどころか半分以上残っていた。
現在は何も不具合は無いのでもう素晴らしい以外に言葉が出てこない。

まあ自室でコンセントを占有する電子機器がまた増えました。
しかし値段も手ごろで買いやすいしスタミナもある、さらに見た目良しと非の打ちどころがなかった製品なのでオススメです。
cheero Power Plus 10400mAh DANBOARD Version マルチデバイス対応モバイルバッテリーcheero Power Plus 10400mAh DANBOARD Version マルチデバイス対応モバイルバッテリー


cheero mart
売り上げランキング : 7

Amazonで詳しく見る

 
あと全く関係ない話なんですが、さっきも書いたようにポケモンにどっぷりハマっててこのブログにポケモンの記事も書こうかと悩んでいるところです(´・ω・`)
もしかしたらポケモンの対戦考察についてちょろちょろ書くかもしれません