僕はちょっと前までブラウザはPCもスマホも「Google Chrome」だったのだが、なんとなくスマホの方をSleipnirに変えてみたら予想外に便利だった。
そして先日PCのブラウザもSleipnirにしてみたのだがやはりとても使いやすい。

PCのSleipnirではFenrir Passというクラウドサービスを使って、ページのリンクやテキストをAndroid端末やiPhoneに送ることができる!
今回はそれに必要なアプリ「Sleipnir Linker」を紹介!
Sleipnir Linker
やっぱSleipnir関連のアイコンはかっこいい


※関連記事
『Sleipnir 4 for Windows』が便利!! 
Androidブラウザ「Sleipnir」が便利 


まずはクラウドサービスFenrir Passでアカウントを作成しましょう
fenrir_pass
Sleipnir→Fenrir Pass→新規アカウント作成
Sleipnir-8


そしてAndroid / iPhoneアプリ「Sleipnir Linker」をダウンロード
・Android
Sleipnir Linker - Google Play の Android アプリ
・iPhone
Sleipnir Linker for iPhone
 

Screenshot_2013-08-07-20-56-35
インストールしたら「Sleipnir Linker」を起動


Screenshot_2013-08-07-20-56-47
ログインしたら準備完了!


早速PCで表示しているページをスマホに送ってみる
Sleipnir-9
右上のアクションボタンの他にも、
右クリック→Fenrir Pass Connectから呼び出せる。

Sleipnir-10
左上に矢印のエフェクトが出現



Screenshot_2013-08-07-21-11-50
スマホに届いた!


Screenshot_2013-08-07-21-12-02
これで一発でサイトが開ける。
ブラウザも自由に選べるのでスマホ側のブラウザはSleipnirじゃなくても良い。 


Screenshot_2013-08-07-21-17-16
こんな感じで受信履歴もたくさん残せるのでいつでも確認できる。
電話番号を送信すれば一発で発信できるところが素晴らしい。
住所ならマップを一発起動できる。


「Sleipnir Linker」の機能はこれくらいだが、Fenrir Passにはページをpng形式で保存したり、SNSで共有したりする機能もある。
同期関連の機能と操作性が抜群に優れていて使いやすいのでおすすめ!