audio-technicaのヘッドホンATH-W1000Xのレビュー

Amazonで6.3→3.5mm変換プラグと一緒に買って4万ぴったりとかだった



1363446781538




このヘッドホンを購入する前はSONYのMDR-7506で頑張っていたが、これがモニターヘッドホンだったもので、別にリスニング用のヘッドホンが欲しいと思い、ネットで漁っていたところaudio-technicaにたどり着いた。

最近のヘッドホンは(いや、昔のヘッドホンなんて知らないけども)低音重視がウリの商品が多く、あまり僕の好みには合わなかったが、audio-technicaのヘッドホンは全体的に高音寄りのヘッドホンが多く、綺麗な高音が特徴的だったのでこいつを買った。



1363446694295

ウッドハウジングが高級感あふれていてカッコイイ 
ブラックチェリーという木材を使っているらしい。
ピアノやコンサートホールにも使用される、硬く密度の高い木材だそうだ。




1363447548191
 
全体
ハウジングの上にあるウイングサポートで装着時に本体を支える
ちなみに、二つ名の「Grandioso」はイタリア語で「大らかに、堂々とした、威厳のある」という意味らしい。



1363446888675

プラグ
audio-technicaの他のシリーズと違って、3.5mmプラグではないため、このままだとPCやiPod、WALKMANなどに繋げられない。


1363447094114

ということで変換プラグ購入
純正の方が安心なのでaudio-technicaのプラグにしておいた 


1363447464116

W1000Xに装着
これをDACに挿すとだいぶ長くなるけど気にしてはいけない


1362579590242

参考画像
だいぶ長くなるけど気にしてはいけない


音質はaudio-technicaにしては低音寄り
どうやらXシリーズ(W1000X、AD2000Xなど)は従来品に比べて低音を増やしているようだ。
W1000は聴いたことがないので比較はできないが、W1000Xは低音がしっかり出ていながらも、綺麗な高音の伸びと、艶やかな中音域が繊細でオーソドックスな感じを受ける。


しかし、これがどうやらW1000ユーザーには不評だったらしく、キラキラした高音が特徴のW1000の後継を期待していた人たちから非難されている。
まあW1000は知らんけども、後継機なのに特徴ガラッと変えちゃうのは良くないよね




密閉型で、ハウジングが木でできているので音が響き渡るのがとても綺麗だ。
特にボーカルでわかりやすい。 女性ボーカルが頭に響いてくる感じが病みつきになりそう

密閉型で、ウッドハウジングとなると音がこもりそうだが、W1000Xはハウジング下部に通気口(?)があるため音の抜けが良く、こもった感じは受けない。

女性ボーカルにも向いているが、ONE OK ROCKのような男性ボーカルのロック調の曲でもドラムの音が響いて迫力ある綺麗なサウンドになるのでワンオクにもおすすめしたい。
いや、これは単純に僕の好みかも笑


とはいえ、かなり広いジャンルの音楽をカバーできる完成度だとは思う。
これが好みでない人には「特徴がない」と感じられるのだろうが。



初めて4万もするようなヘッドホンを購入したが、個人的にはウッドハウジングを純粋に楽しめるW1000Xは買って良かったと思う。
ウッドハウジングは初めて聴いたら感動すると思う。僕は「んぉっ?」となった。
いずれオープンエアー型のヘッドホンも欲しいとは思っているが、これはこれで密閉型として気に入っているのでこれからも大切にしていきたい。

※2013.10.6追記
長期レビューとおすすめの曲紹介
  ATH-W1000Xを聴きこんでおすすめの曲とかを見つける